FC2ブログ

グレが恋しくて

06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

このページの記事一覧

水島タックル 

 9日(日)の釣りとタックル考。



 朝一は、結構な速さの下り潮。少し流すと瀬割りCの
馬ン倉へ。右沖の潮上・隠居方向に遠投したり、近投
したり、足下に入れたり。正面沖に遠投したり、潮下に
流したり…。それを、ノーガン・ウキ浮かせ気味の
全遊動・シモリ気味の全遊動、ガン玉アリのウカセ気味、
シモリ気味、ロングハリスなどなど。いろいろやりますが、
狙いのイサキと尾長は不発。グレらしいアタリやエサの
盗られも皆無。
 船着きはボチボチイサキが釣れているよう。焦るし、
ボッチ釣り座を選んだ自分を恨めしや。



 周りの様子を見ながら、休憩しつつ、仕掛けをいじります。



   使用ハリス・ウキ
 自分の腕(釣り方)ではなく、潮が緩くなったり、沖向きに
流れたり、上り潮になったりしたタイミングで、ボチボチと
グレやイサキが釣れました。潮のお蔭ですね。腕では
ありません。腕でどうにかしたい…。


 どうにかしたと思えるのは、際付近で今回のグレの
ほぼすべてを獲ったこと。昔とったきねづか?とやら
かなあ。どうにか瀬際や足下沈み際に入れ込めると、
たまにグレが釣れました。


   使用ガン玉
 G5・G3は、ヤマワのゴム張りガン玉を使っていますが、
アワセが強いとノーガンになることがあったので、今回
からやや硬めを使い始めました。いい感じです。


   ウキ用鉛
 ハリスにガン玉を打って仕掛けを差し込む釣りもしますが、
ノーガンでウキを含めて仕掛け全体を入れ込む釣りもします。
 不思議なことに、どちらかに釣果が偏ることがあります。
不思議と言うけれど、理由は…分かりますね。
 今回は、イサキもグレも差し込む釣りの方が良かった
かな?
 ウキの浮力(=沈下速度)を、ウキを替えずに変えたい
ときには、貼るナマリが重宝しますね。
(以前は、ウキの傾きが変わる気がして、抵抗が増える
気がして、アタリの出方が変わる気がして使わなかった
のですが、最近は気にしなくていいと思っています。)



     チヌ針ーイサキ用
 イサキに狙いを絞るときの、お気に入りはこの
チヌ針です。号数は4号がいいみたい。別なチヌ針も
使ってみましたが、しっくりこなくて今回で切れた
このハリをこれからあちこちの釣具店で探します。



 さて、時化る今週末はどこに何を釣りに行こうかな?
スポンサーサイト

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret