FC2ブログ

グレが恋しくて

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

このページの記事一覧

貧果ですが 

 昨年の10月はどこに行っているかと、自分の
当てにならない記憶ではなく、ブログ(記録)を
当てにして確認してみると、



 もう既に結構釣っていて、10月沖磯3回・
グレ30㎝以上22尾以上。
 今年は、沖磯3回・グレ30㎝以上11尾。


 今年は甑も含まれているのに、昨年の半分以下の
釣果。

(下書き保存したつもりが、普通に保存して公開
してしまった。スミマセン。続きを…)


 情けない限りです。



 で、28日(日)は、ここに行ってました。
     10・28・久志・?①
 瀬名は?同じ磯の右側には乗ったことがありますが、
今回は海を向いて左側に乗り、バッカンは中央に
置いてあります。



 この日は、はるか南の台風のウネリが押し寄せ、
だいぶ上まで波が這い上がってきて、しばらくは
ウネリの波長やタイミング、這い上がる場所を
観察したうえで釣座を決めました。始めは、
釣りをしないでおこうかと思うくらい。風も右から
左からコロコロ変わり、しかも結構な強さ。
 また、ウネリの方向も左右に少しぶれるので、
サラシの大小や方向も常に変化します。
 バッカンのある場所は、潮が下げに入って
少しはましになったときで、乗礁時はまだ一段
後ろの釣座でした。


 この写真を見ると、ウネリで波が這い上がる
のがお分かりいただけるかな?
     10・28・久志・?③



 G8負荷のウキを固定し、ナマリはG5、ハリは
5号太軸でスタート。

 しばらくして、コナガやイスズミが登場。
気配を感じて集中しますが、エサは盗られる
もののアタリが取れない時間が続きました。

 ハリを細軸に替えて1尾目。アタリが遠のき、
ウキを00・全遊動に変更。沖目でデカいのを
掛けましたが、シモリの沖側で当然のごとく
根に入られてジ・エンド。グレらしかったのにと
悔しさ倍増。




 その後、ハリを4号にしたり、種類を替えたり
しながら、潮流れの方向とスピードも変わり、
風の方向も変わり、…。
 釣友は、ウキを5回?重たくしてタナを取ったり、
軽めで全遊したり、ウキを浮かせたり、…。
とにかく、「答え」を探します。なのに、自分は、
と、やっぱり「幅が狭い」釣りをしてしまいました。
 進歩がないですね。

 最大は49センチが出ましたが、30センチ以上は
5尾。



 貧果ですが、苦手な時化気味な海況で
釣れたこと。マキエが上手く遠投仕様に仕上げ
られたこと。自作ツケエ3種がアタリエサになった
こと。などは、収穫でした。
スポンサーサイト

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret