FC2ブログ

グレが恋しくて

11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01

このページの記事一覧

マキエ考③~マキエ作り 

 マキエシリーズの第3弾。


 人によってマキエの「作り方」「混ぜる順番」も様々。
粉モノから全て混ぜてから生エサを加える方もいらっしゃる
ようですしが、割合的に多いのは生エサを全解凍で姿を
残したり、半解凍で細かく砕いたりした後に、粉モノを混ぜる
作り方でしょうか?水や海水をいつ加えるか、「フネ」で
前日に作るか、当日の朝に釣り場などでバッカンで作るかも
人・時によって変わります。


 自分的には、大会参加時は、

 5・2マキエ
 こんな割合で、
 ① オキアミ半解凍を半分ほど粗目(崩さず)・半分細かくつぶす。
 ② 水を加えて生エサを浸す。
 ③ 白系・粒細かい系の集魚剤やパン粉を入れて混ぜる。
 ④ 赤系・遠投系の集魚剤を入れて混ぜる。

パターンで、前夜に作ることが多いです。

 じっくりきっちり混ぜたいから。寝かせて現場で水分
最終調整したいから。ごみが現場で出ないから。などの
理由からです。


 本当は白系集魚剤が投入後に見えやすくてお気に
入りですが、まとまって遠投が効きやすいのは赤系が
多いですね。基本は「V9徳用」でこれに白系一袋、
遠投系一袋、パン粉やヌカを加えます。
 生エサは、オキアミが多く、アミを入れるのは厳寒期
ぐらいです。実釣時間やエサ取りの多少(時季)で、
分量が変わります。他人より多めの量だと思います。
余ることも多いですが、足りないよりはいいですし、
持って帰って冷凍庫に放り込み、近場の釣りで
使うことも多いです。けちけちですが、マキエが
足りなくて釣れないのは嫌ですし、いつも豪勢な
マキエとはいかないですから。

 プライベート時は生エサや集魚剤の種類・量が減ります。




 さて、次回はボチボチ「釣り」の記事でしょうか?
スポンサーサイト

カテゴリ: エサ

[edit]

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret