FC2ブログ

グレが恋しくて

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

2019年01月の記事一覧

ヤイバ磯祭り…今年も 

 今年も始まりました。

 ヤイバ磯祭り申し込み。


’19ヤイバ磯祭りポスター②
     


 ’15から始められた磯祭りも5年目を迎えます。初年度から
参加させていただいていますが、毎年たくさんの刺激をもらい、
自分の釣技向上だけでなく、多くの釣り仲間も増えて自分の
釣り人生(まじか、言いすぎ!)がより豊かなものになっています。


 皆さんも参加されませんか。
興味のある方は、ヤイバXホームページ
をご覧いただき、お申し込みください。郵送、FAX、ネット
申込などで可能です。ご不明な点は、ヤイバX事務局さんでも
構いませんし、分かることであれば本ブログにコメントで
ご質問いただいてもお答えしたいと思います。

 

 おいどんも日程が許せば、複数会場に参加予定でいます。
皆さん、ぜひ。
スポンサーサイト

カテゴリ: ヤイバ

[edit]

TB: --    CM: 0   

乗っ込み? 

 26日(土)、プチ遠征できなかったので、そこらたいに
所用を済ませて15時前に出撃。

 午前中から我が「鹿児島銀糸会」のS会長とI氏が
撒き餌を撒き撒き、狙いのピンクを寄せ寄せして
くれているはず。S会長は既にピンク40オーバーを
御用しているので、期待度120%???!!!


 数投目、糸がすすーっと走るアタリ。うぉりゃっ、
シルバー「ヌーチー」参上。
     1・26ぐれーんせんたー1尾目


 しばらくして2尾目。腹パン。乗ッコンドル?
     1・26グレーンセンター2尾目


 その後、メイタ交じりで毎投当たる時間帯も
あり…。チヌ釣り師の皆様からすると、ウホウホ?
のヌーチー入れポン。しかもほぼ45オーバー。



     チヌ爆釣
 メイタ他、40ぐらいはリリースで良型以上はこれだけ。
あっ、I氏の釣果も入ってます。まだまだ釣れそうでしたが、
狙いのピンクなお姉さんは、ご機嫌斜めだったようで
お会いできませんでした。
 最大55㎝ぐらい?おそるべし、「そこらたい」。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

無念!!! 

 26日(土)、水島三瀬。自分としては珍しく早めに
予約を入れる。三瀬でグレを。あわよくば尾長に
イサキに。

 ぼへっ!
 釣りに行く前の釣り師のあるある「クーラー
満タンを夢見て」いたのですが、日頃の行いが
悪いんでしょうな。頭の中を魚が泳いでいるから、
仕方ありません?

 流石に強烈な北西風には宮崎南部もお手上げのようで、
水島釣行が流れてしまいました。


 その後、大隅半島の船間・大泊と出船する船はないかと
連絡を取りましたが、どこも船止め。(元ホームの田尻には
連絡してませんが…)


 って、ことでスタートが遅れて、予定変更のだれやめ。
     名も無き焼酎

 プチ遠征がなくなったので、適当に買った初飲みの
焼酎です。自分的には濃厚な飲みやすいまろやかさ
もある焼酎だと思いました。一升瓶で、美味い肴と
ガッツリ飲んでみたいですね。

 で、ちょっとのんびりそこらたいに出勤でゴワス。

カテゴリ: だれやめ

[edit]

TB: --    CM: 2   

ウキ・ハリス・ハリ 

 19日の釣り。

 真鯛→グレ→イサキ。で狙いました。

 
 普通であれば、ロッドやラインから変えるのでしょうが、
磯で真鯛の70オーバーを本気で狙っているわけでは
ないので、ロッドは1.25号。ラインも1.7でハリスも
1.7。本当は真鯛針を使いたかったのですが、真鯛が
狙える磯に上がるとは思ってなくて、ベストのポケットに
入っていた一番大きなハリがグレ針の6号。ハリスの
一番太いのが1.7号。取り敢えず、それを使って
しまうところが、ええかげんなおいどん。


19日のウキ・ハリス・ハリは、
     1・19小物


 トーナメント練習では、ウキをレヴォルL00、ハリを
渋グレ5号へ。本当はウキはG8でスタートしたかった
のですが、逆光の釣座でウキが見えないだろうとの
判断でチョイス。前半の1時間で4尾を釣りましたが、
小型の尾長3尾・グレ1尾。エサだけ取られることが
多く、サラシや潮流れ、風の影響で仕掛けをツケエ
先行で直線に近い形で入れ込めないとアタリが
取れませんでした。仕掛け投入点の見極めや
ライン管理が下手っぴです。


 後半は、ウキを見て釣りができるので、G8負荷に
変えてウカセ気味でアタリを取りますが、今度は
潮流れが速く、仕掛けがなじまないのでG5を追加。
それでもしっくりこないのでG3を更に追加。結局、
これで仕掛けが深めに入り、45センチほどの
最大サイズをゲット。磯の手前にあちこちハエ根が
多く、グレを取り込むたびにハリスが短くなり、
やがて試したいこともあってウキ下ハリス。
ハリは閃烈グレの5号が良かったです。画像が
ないのは、5号の閃烈グレのストックがないから
です。「閃烈グレ」良かったんですけどねえ。
お気に入りのハリがなくなると苦しいです。
 ハリスを1.5に落とすとおそらくかける魚は増えたと
思いますが、バラシも増えていたと思います。
1.7号ハリスを1日で30m以上使ったんじゃないのか?
途中掛けるたびにハリスがズタボロで、バラシも
多かったです。尾長君も少なくとも2回はお出ましした
でしょうね。


 もっともっと掛けて、掛けた魚全部を取れるように
なりたいです。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

初磯 

 19日(土)、大抵の瀬は乗ったと思っていた「黒瀬」
エリア。同行の釣友4名での同礁は満潮時で厳しい
かもということで、2名ずつに分かれての瀬上がりと
なり、上がったのは初乗礁の磯でワクワク。

     大黒長瀬ハナレY氏
 同礁はライバルの釣友Y氏。


     大黒長瀬Y氏・K氏
 同行のお二人はお隣になりました。


 乗礁時は満潮に近く、凪いでいたものの足元は
時折波が通ります。同礁のY氏が譲ってくれたので、
先端に近い位置から遠投。マダイ・イサキを狙います。
そして、2投目から狙い通りにマダイゲット。潮が
下げてトーナメント練習ができるまでに2尾を獲る
ことができました。

 1時間交代のグレトーナメントで練習は、足下に
はびこる大量のエサ取りと微妙な風、大きさの変わる
サラシなどで、本命の気配を感じるものの仕掛けが
少しでも途中で屈折するとアタリが分かっても
掛けられない状況が続きました。お互い5尾で
トーナメント形式終了。


     同時タモ入れ
 どのタイミングだったのか、お隣の瀬からY氏が
シンクロ画像を撮ってくれてました。

 昼前頃から左流れの下げ流れが止まって、右流れの
上げ流れに変わるタイミングで、ボチボチの時合い到来。
時合いといっても、ウキが少しシモって餌を離されたり、
シモった時に合わせても乗らなかったりで、少々ムズイ
釣りでした。



     1・19釣果②
 グレ釣果のほぼ全部。30ぐらいのコナガから
45ぐらいのグレまで。サイズの割にはよく引きました。
オスが多かったですが、まだまだ乗っ込みは先に
なりそうな状態?

     1・19釣果①
 狙って釣った真鯛3尾に、嬉しいお土産の☆ガツオ。
早々に〆・神経締めでクーラー・冷水で冷やし過ぎ
たので、ヘダイみたいな色ですな。もうちょっと、
美味しく食べるための努力もせねばなるまい。



 苦労しながらもポツポツと釣れて、結果的には
一番楽しい感じの釣りとなりました。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

KGT第2回予選会 

 自分は所用で出場できなかったのですが、定例会の翌日は
KGT(鹿児島グレトーナメント)の第2回予選会が、桜島で
天竜丸さんにお世話になって行われていました。


 以下、画像拝借いたしました。

     2_s.jpg
 出たかったなあ。役員の方々はもちろん、
出場された方々、お疲れさまでした。    


     1_s.jpg
 決勝進出4名の方々おめでとうございます。
しかも、うちのH顧問もおりますです。


     3_s2.jpg
 今年から、メーカー協賛もいただいております。


     4_s2.jpg
 ええですねえ。



 自分の腕試し・刺激を受けて、知り合いが増えて、
上達への一歩が踏み出せます。
 参加クラブに入ったり、クラブで参加したりして、
釣り仲間を増やしたり、腕を上げたりしませんか?


 詳しくは、KGTHPKGT
をご覧ください。事務局へ連絡いただいてもかまいませんし、
本ブログにコメントいただいても、連絡取りたいと思います。
一番嬉しいのは、わが「鹿児島銀糸会」に入って、参加することですね。

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

定例会の釣り 

 13日(日)、所属する鹿児島銀糸会の第3回
定例会。秋目・幸丸にお世話になりました。



 文章多めで長くなるので、めんどい方はパスして
ください。



 乗礁は、お初の「水之浦」。
     水之浦
 沖秋目島を臨む、地磯よりのハナレ瀬で、冬場の北西風には
もってこい?シーズン中はとても良さげに思えました。


 今回使用のウキ・ハリス・ハリは、これでした。
     1・13定例会タックル
 グレックス+のウキに、東レのハリス。
 ハリがよう分からんですな。
     渋いときは
 ヤイバ「渋グレ」。


 ハリスは、ずっとスーパーLハードの1.7。
落とせば食うかもと思える時も、辛抱。
「2尾長寸」のために。

 ① ウキ
   レヴォルL00→G8→フェイス00→000→G8。
 ② ハリス
   10m→9m→8m→7m→4m→8m
 ③ ハリ
   閃烈グレミドル5→4→渋グレ5→4
 ④ ガン玉
   G8なし→1個→なし→1個
 
 ちなみに釣れた魚は、ヘダイ。ヘダイ。グレ。
グレ。ヘダイ。の計5尾。一日通して、これだけ。
厳しくて悲しかったです。

 釣り始めは、船附左側から。 
 手前にしっかりマキエを打ち、25mほど投げて
早めにロングハリスで沈めると、アタリがないのに
エサを盗る状況。正体を確かめるべく、ウキ下を
短くしたり、ハリを替えたり、仕掛けを張ったり。
ウキ止めを付けたり、2段ウキを試したりすれば
よかったかな?
 しばらくして、エサを盗らなくなったので、また
「ドボン」。潮流れがないので、場所移動。
裏の水道。釣れたのは底付近の「張り」でヘダイ。
 また釣座を移動して、西向きで。遠投、近目と
試すも、反応なし。少し南向きに遠投して探ると、
2本以上で糸が走るもバラシ。続けて釣ると、
次に掛けて取り込んだのは、ヘダイ。浅く釣ろうと
あちこち投入点とウキをを替えて探り、やっとの1尾目。
その後、同じことをするがまた気配が消えてエサが残る。

 潮が当ててきたので、元の船附付近に移動。
遠投気味に探るも、こちらの潮は左沖から手前に
当てるもたれ潮。あちこち投入点を替えて探るも、
当て潮がきつい。場所移動を考えながら、仕掛けを
いじっていると、当て潮が緩む。遠投して探ると、
エサを取り出して気配を感じる。ハリスをウキ下
のみに変えるが、アタリが出ない。ウキの浮力を
上げてウキを浮かせた全遊動にする。これで、
数投目でウキがしもって2尾目。
 追加を目指した納竿前、同じようにウキが
しもって食ったのが3尾目のヘダイ。
 以上で納竿。


 結果、本日釣れた仕掛けは「ウキを浮かせた
全遊動」。有り難いグレ2尾で、2位入賞できました。
効率はいいけど、もっと細ハリスで攻めれば
よかったかなあ?

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

平成30年度銀糸会定例会成績途中経過 2 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

カテゴリ: 銀糸会

[edit]

TB: --    CM: --    

鹿児島銀糸会第3回定例会 

 新年会の翌日13日(日)は、秋目・幸丸さんにお世話になって
第3回の定例会です。15名の参加で行いました。
     開会式
 がんじん荘さんで、開会式。


     乗り込み①
 協力して荷物を積み込みます。


     乗り込み②
 皆さん、それぞれ気合いが入っているよう。
釣れるといいけどな。


     M氏1枚目
 自分が同礁したのは、かなり久しぶりのM氏。
狙い通りの1尾目。


     水之浦
 乗礁したのは、「水之浦」という瀬らしいです。
初乗礁で嬉しかったのですが、お魚さんのご機嫌は
よろしくなかったです。


     T氏
 T氏はやっぱり良型捕獲。



 し、しか~し、やっぱりくじ運も腕も持ってる
漢に優勝をかっさらわれた。
     T氏コメント
 閉会式でのコメントです。


     S会長締め
 最後は、S会長の締めのお言葉。



 風も強く、潮も思ったような流れではなかったところが
多かったみたいで、苦戦した会員が多かったようです。    

カテゴリ: 銀糸会

[edit]

TB: --    CM: 0   

新年会 

 毎年恒例の鹿児島銀糸会の新年会が、秋目
がんじん荘にて行われました。

 あれやこれやもたもたして自分は遅刻して参加。
     新年会①
 お泊り参加は11名。福岡から参加の3名も。
凄く元気なお三方。夢中になれる趣味があるって
いいですねえ。
 結構な平均年齢のクラブですが、其々得意な釣法が
あり、腕達者がそろっています。

     新年会⑤
 時間が経つにつれて、釣り談義や○○談義が
あちこちで。


     新年会②
 ただいまトップ独走のT会員は、鼻息荒く
「今回で決める」宣言。これは、飲ませねば。


     新年会③
 明日の大会は、途中までしか釣りができないのに、
このクラブとこのメンバーでの飲みが好きな「番長」こと
M氏は、今回も舌好調。


     新年会④
 M番長の締めで、一応のお開きになりました。



 翌日の大会や結果は、次回へ。

カテゴリ: 銀糸会

[edit]

TB: --    CM: 0