FC2ブログ

グレが恋しくて

01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03

2018年02月の記事一覧

リベンジならず 

 白子を求めて、沖磯へ。





 上がったのは2度目のここでした。
     H30・2・24秋目・中鼻2回目
 前回は釣きらなかった場所です。ここに上げてくださった
船長もそれを覚えていらっしゃったのか、すぐに他の場所でも
と声掛けに来てくださる気の使いよう…。情けないですな。




 でも、今回は、一段と腕を上げて最近連敗中のT名手との
釣行でしたから、そのまま残ることに。
 この場所とT氏に「リベンジ」するぞと気合を
入れたのですが…。



 いつものように1時間ローテの対戦形式で釣りを
しました。


     銀糸会T氏1尾目
 やっぱり先に釣られました。


     銀糸会T氏やりました
 結構な良型、いや大型です。お見事。




 最初から残ってくるツケエは冷たく、ウキが見えなく
なるまで入れ込みますが、釣れません。ハリスは、
始めから1.5。途中からは、1.2へ。
 諦め気分になりながら、何とか自分もお土産は
できましたが、いろんなバラシもありました。



     中鼻の貧果
 ぶり上げサイズと40アップの計2尾の貧果でした。
T氏には数も型も負けました。




 気合いを入れたはずなのに、ウキをあまり換えなかったこと。
釣れない時こそダメ元でもっといろいろ仕掛けを替えないと
いけないのに、またダラダラとあちこちをいろいろと探って
しまいました。進歩がねえなあ。



 しかし、T氏のお蔭で一つ大きな収穫がありました。
ちょいと世界が広がりそうです。「プラ」を近々ご報告
できるかな?
スポンサーサイト

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

うぐぁ 

 菜園ネタです。



 久々の地磯釣行がおじさんにはこたえて、本日は
畑と庭いじりと洗車となりました。



 人参の葉が変色し始めたので、時期的にいいのか悪いのか
何本か引っこ抜いて「間引き」してみると、
     初人参
 右が普通より少し細く小さいぐらい。左は種が流れて
ボッチで育っていた人参君。違う野菜に見えるぐらいの太さと
短さです。異常にでかくて思わず撮ってしまいました。

 千切りのサラダ、美味しかった。


 水菜と大根はもう残り少なくなり、白菜とブロッコリーも
ぼちぼち。しばらくは間引きがてらの人参三昧かな?

カテゴリ: 菜園

[edit]

TB: --    CM: 0   

久々地磯 

 17日、なかなかの金欠状態で久々に地磯単独
釣行。

     ①H30・2・17末柏
 海はちょうどいい感じ。風が気になるぐらいですが、
もうちょっと吹いてくる予報で嫌な感じ。潮はまだ
上げ流れが残ってる感じ。上げ本命だと思って
いるので急ぎます。


 釣り始めは、ウキ下ハリスの全遊動サスペンド。
しばらくしてエサがとられるのに、アタリが出ないので
ウキを浮かせて全遊動。これで、1尾目。
     1尾目30オーバー
 
 この後すぐに連発したのに、そのあと続かず。潮も
止まってやがて逆流れ。風も強くなり当て潮気味に。

     4尾目40尾長
 昼頃に少し潮が逆に流れ沖に出たときに、
最長尾長。さすがに少し引きました。


     釣果全部
 昼過ぎからは、潮見表に近い状態で潮が動いて
いい感じの時間帯もあり、遠投してもエサも
盗られることが多く、いろいろ試しましたが
ノーフィッシュ。後半もっと釣らねばですね。



 白子が入って、終盤が近づいてきた感じです。
刺身で味わってみると、今シーズン最高の印象。
あとひと月もってほしいですね。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

2・14  感謝の日? 

 見た目も性格も仕事ぶりもパッとしないおじさんにとって
一年の中でも辛い日がやってきました。


 2.14。



 おいどんは、あまり甘いものが得意でないので、
カミ様からはいつもこんな飲み物を頂きます。
     ’18ヴァレンタイン①


     ’18ヴァレンタイン②


 滅多に味わうことのなくなった「ハイオク仕様麦酒」
ですから、一日の本数を限定してちびりちびりケチって
飲みましょうかね。まあ、どうせ焼酎を頂きますから。


 「いつも美味しい料理をありがとう」
 「いつも家事をありがとう」
 「いつも釣りに行かせてもらってありがとう」
自分にとっては、カミ様に感謝する日となっております。

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: 0   

修行、修行 

 週末のたびに時化ます。南国鹿児島なのに
雪が降り、カンパでなくて寒波が押し寄せます。
釣りに行きたくてもいけない吉さんたちはどうして
いるのでしょう?




 行けるならば、条件が厳しくて修行の釣りに
なろうとも参上仕るのが釣り師たるもの…って、
単に釣りがしたいだけの、その欲がすごいだけの
おっさんですね。




 で、11日(日)に鹿児島市の某堤防に愚息と
釣行しました。大隅にフラれた後でしたから、
3番船で「どこでもいいですよ」状態での
堤防上がりです。


 昼前までは、下げ流れの速さと寒さにお手上げ。
緩み始めて時折日が差した昼前から集中して
頑張りました。
 昼頃からの時合を何とかものにして、グレ4尾に
外道。愚息がグレ1尾に真鯛2尾に外道という
結果に終わりました。
     2・11北埠頭1番白内側
 数は少なかったのですが、型がよく、また
この堤防ならではの「メタボデカグレ」に
出会うことができました。
 愚息の釣った1尾が異常に体高があって、
腹ぼての釣メタさんでした。

     最長魚
 自分の釣った最長魚は、ん?ん?
     最大サイズ
 くっそ~、あと少しで50オーバーだったのに。





 既に何尾も50オーバーの出ているスーパー
堤防です。渡船料金やアクセスは、リンクの
「T丸」さんブログをご覧ください。
自分の釣行前後にも50オーバーが
出ています。ただし、日ムラと瀬ムラは
覚悟してくださいねえ。それでも、
デカグレに出会えるチャンスは大きいと
思います。

 脂ノリノリで、めちゃウマのグレでしたよ~。




 さて、今度はどこに行こうかな?

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

さあ、キバるでゴワス! 

 チームヤイバの更新案内が届きました。
     ヤイバ’18会員更新

 YAIBA会員の皆様、特に鹿児島支部の皆さん、
ボチボチ更新しましょうね~。



 で、前日には磯祭りの申し込みも済ませました。
     ヤイバ’18磯祭り申し込み
 おいどんは、ヤイバホームページの申込フォーム
http://www.yaiba-x.com/tournament/form.htmlから
申し込みました。大会要項や開催地・日時・会場などは、
ヤイバホームページhttp://www.yaiba-x.com/をご覧ください。



 仲間や知り合いが増え、大会に参加することで自分の新たな
課題が見つかったり、新たな出会い・刺激があったり…。

 皆さん、チームヤイバに入りませんか?
諸大会にどんどん参加しましょう。

カテゴリ: ヤイバ

[edit]

TB: --    CM: 0   

サブいですね 

 本日4日は、南国鹿児島でも一日雪が降ったり
やんだりでした。朝はうっすら積もっていたし。
明日ももっと降りそう。サブいです。



 さて、3日(土)は途中回収覚悟で沖磯へ行きましたが、
撃沈。本命は尾長1尾で、あとはヘ~さんにサンノジ
兄さんに、…。自分の釣果もサブいのはいただけ
ませんね。同船した方で6尾ほど?釣られている方も
おられて、お話を伺うと自分と釣り方が全く違いました。
話を聞いてよかった~。また課題とヒントが見つかりました。
     久々尾長’18・2・3
 あまりひかなかったので口太さんかと思っていましたが、
久々の尾長さんで嬉しくなりました。40オーバーで、
適度に脂がのっていてやっぱり美味い~。


     初白菜
 こちらは初めて育てて初めて収穫した白菜。
今夜は、自家製大根と白菜の鍋じゃ~。
この時期はあったか~い鍋料理が多くなります。

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: 0   

ムズイですね 

 昨日の「自分の釣り」の記事に、珍しくコメントを頂いて
嬉しいのと、文章で説明することの難しさを感じて
います。釣りも釣りに関する説明も難しい。


 釣りの全国紙である「磯スペ」1月号に、
「パイロット仕掛け」についての記事がありました。
その記事でいう「パイロット仕掛け」は、
「自分の柱となる当日の釣りを組み立てるための
最初のセット仕掛け」
といったニュアンス?で
書かれています。もちろん、紹介されている
名手の方々もいつも必ずその仕掛けでスタートされる
わけではないでしょう。その仕掛けでスタートする割合が
高いぐらいでとらえればいいのかな?

 自分的には、そのパイロット仕掛けがまだあやふやな
気がしているのです。釣り場の状況や直前の情報で、
タナを想定し、そのタナに入れ込める仕掛けをチョイス
しています。その後に、また微調整してアジャストして
いくわけですが。
     ウキ勢ぞろい
(いつもこんなに使うわけではないのに、ウキが
好きでいつの間にか…)

 あやふやになっている理由は、自分的にはっきり
しているのですが、その説明は???
まだ、上手くできません。

 で、そのキーワードとなっているのが、「ウキ止め」と
「ウキ負荷」と「オモリ使い」だったところに、(これって
皆さんそうなのか?)画像の2冊の釣り雑誌の
特集記事が組まれていたための、前回記事でした。


 パイロット仕掛けではありませんが、ウキを使い込んで
精度を上げるために、使うウキを絞り込んで残りの
シーズンを釣りこんでいこうと思います。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0