FC2ブログ

グレが恋しくて

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

2017年05月の記事一覧

水島釣行② 

 釣り座は、船着けよりワンドをはさんだ一番高台寄り。
その横にH氏。で更にワンド側に釣り客1名。
     水島1瀬⑤
 H氏に合わせてライン1.5、ハリス1.5にイサキ狙いの
閃烈ミドル6号、エイジアMP01で釣りスタート。以降、
ジンタンの7号を足したり、G5やG3を足したり、ウキを
03にしたり…。
 替えたのは、ウキをエイジアMPとLCの浮力(01・02・03)、
ハリの号数(6・5・4・3)、ガン玉の位置と号数(1・G3×3、
×2、×1、G3+G5、G5×2、G5+G7)といった感じかな?


 朝一の上り潮?で、何とか狙いのイサキを2尾ゲット。しかし、
イサキを狙うはずのH氏が途中からグレ狙いに変更したのを見て、
イサキには厳しいのだなと思い、「イサキを5尾釣ってから」の
言葉を発したにもかかわらず、グレ狙いに変更。
 潮も右に左に、速度も変わり、「潮を読み、それに対応
できなければ、貧果に終わる釣り場」だと思いました。


     水島H氏②
 自分が後半になるにつれて、掛ける回数が少なくなるなか、
H氏はぽつぽつとアタリを出します。ウキの交換もかなり
多く、いろいろ考えさせられました。


     水島H氏③
 自分も「釣れない」気がしていると、あっさり昼食タイムに
入るH氏。「潮を読む」ことが大事だと改めて思いました。
高台で昼食を取りながらも、海中観察。





 で、結局自分はグレ6尾にイサキ2尾にとどまりました。
アタリが分かって掛けられないことがあったり、バラシも
あったりしたので、グレを2ケタは釣るべきだったかなと
反省。

 次回はまた別なことを試してみます。


 って、しばらくは「水島通い」 ?
ハイシーズンより今ぐらいの方が自分に合ってるかも?
 でも、やっぱり結構疲れますね。
スポンサーサイト

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 2   

水島釣行① 

 29日(月)、かな~り久しぶりに宮崎県南郷水島に釣行。
久しぶりと言いますが、過去に一度しか釣行していないので、
初めてに近い…。
 初めての時は、釣りを始めて間もない頃に単独釣行。
訳も分からず、空いていた「隠居」に移動して釣った記憶が
あります。



 で、今回は船附近くの、
     水島1瀬①
 

 ここに釣座を構えました。というか、初めての時は
早い者勝ちだったような気がしますが、今では瀬割りがされて
(現在は2隻体制?)瀬上がり前にくじを引いて釣座決めを
行っていました。シーズンには「お隣さん」とかなり釣座が近く
仕掛け投入ややりとりなどかなり気を遣いますが、今回は
誘っていただいたK会名手H氏のご配慮・ハイシーズンを
過ぎたこともあって、これくらいの人口密度です。
     水島1瀬②
 これでも、ハイシーズンには間にお一人ずつ入るそうで、
まだ、「わきあいあい」?状態だそうな。すごいな

     水島・H氏①
 んで、おいどんを誘っていただいたH氏はあっさりグレを掛け、
余裕のやり取り。流石というか、当たり前なのか…。



     水島1瀬③
 当日は、シーズンオフの平日でしたが、一番人気の?
船附周辺は、この状況。これでも数名が釣座を離れています。


     水島1瀬④
 3瀬方向を向くと…。


 当日の様子や仕掛けなどは、次回で。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 2   

楽しいけど悔しい② 

 20日(土)のJCを終えて、佐伯のE釣り具さんで翌日の
マキエを購入、混ぜ混ぜ。

 お次は、道の駅の銭湯へ。多くの釣り人がおられました。
そのほとんどが翌日のJC米水津やM社M-1北浦に
参加されたんでしょうね。


 なんと、この二日間の連チャン釣行に同行していただいた
のは、銀糸会顧問のH氏でございました。H氏と、北浦の
会場近くで夕食?おつまみ?でダイヤメ寝酒をしまして、
2人で仲良く車中泊。19日から仮眠しかとっていませんし、
20日の疲れもあって爆睡しました。おいどんは、思ったより
爆睡のお蔭で何とか元気?でした。




 午前3時半から、M社のM-1カップ受付開始です。
     マルキューM1①
 JCよりだいぶ早めに並んだつもりなのに。


     マルキューM1②
 スタッフの皆様が手際よく受付作業をされるので、長い
列もあっという間に短くなっていきます。


     マルキューM1③
 同じ大会に鹿児島から参加していたお三方。H顧問に
K会H氏、T・D・GのO氏。皆さんやる気満々で、元気です。
ちょっと心配したH顧問も結構眠れたようで、気合が入って
おられて一安心。




 この日も朝日を拝めるいい天気です。
     マルキューM1④


     マルキューM1⑤
 自分が上礁したのは、ここでした。優勝者が出る候補の
一つに上げられる当番瀬だったそうです。スズキバエ?
宮崎からのM氏とM氏とご一緒させていただきました。
 何とか2尾は釣りましたが、やはりグレさんの活性は低くて
ハリスは1号まで使いました。おかげで…。


     マルキューM1⑥
 なんと一位通過は、前日JCでご一緒させていただきました
T氏でございました。おめでとうございます。



     マルキューM1結果
 


 また、自分の課題がいくつかはっきりしました。修行して
課題解決できるよう精進です。




 久々にメーカーの釣り大会に連戦参加しました。お札も
体力もなくなりましたが、H氏との2日間・多くの刺激があって、
釣りを楽しめる幸せを改めて感じた2日間となりました。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

楽しいけど悔しい① 

 アップが遅くなりました。まあ、いつものことですが。




 20日(土)、かなり久々にS社のJCに参戦してきました。
     シマノJP米水津①
 抽選番号は、141番。上がったのは、ここ。


     シマノJP米水津②
 ここです。お隣は自分たちの次の方々。その向こうが、
自分たちの前の方々。どうして逆やねんという…。


     シマノJP米水津③マサカリ
 自分たちが上がったのは、「マサカリ」という瀬で、
T氏と対戦しました。見た感じ、どこに立つの?と
思ってしまう瀬です。ここで、久々の際釣りから中間攻め。
最近の遠投釣り。際釣りでは、口ナマリ1号も試しました。
T氏は以前大会で乗礁したことがあるらしく、いい思いをされた
らしいですが、時季が違ったらしいです。
 アラカブに「モハメ」=赤ブダイ=しろもっちの好きなヤツ に、
スズメダイに、キタマクラに、サバ子…
 と、事前情報通りに厳しくて、…


     シマノJP米水津結果
 入賞された方々、頑張ってください。お~、って
ヤイバ・キザクラのH氏もまたまた通過ですね。
流石です。

 役員の方々、参加された皆様、ありがとうございました。




 来年以降も参加して、できるだけ早く「全国」を経験して
自分の釣りを進化させたいと思います。

 1尾もグレを釣れなかった、鼻息だけは荒いジイジの
戯言でした。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

’17KGT決勝戦③ 

 決勝戦がスタートしてしばらくは、状況を把握する釣り?
が展開されます。そして、
     決勝N氏1尾目
 ついにキーパーサイズをN氏が掛けました。


     決勝N氏2尾目
 N氏が2尾目を掛け、M氏も続き、2Rに入ってH氏も掛け、…。




      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
 


 港に帰って表彰式です。
 
 第3位は、M氏。仕掛けを張る釣りが印象に残りました。
ハマると爆釣しそう。
     3位M氏

 準優勝は、H氏。ウキを浮かせたり、沈めたり…。
流石に引き出しが多いですね。
     準優勝H氏


 そして、優勝はN氏。先週のS大会に続いての優勝です。
乗ってます。見事な釣技でございました。
     優勝N氏


 「自分も来年こそは。」と誰もが思ったんでしょうね。
     入賞者
 来年は、勿論一番高いところを目指します。

     決勝参加者
 決勝進出者で、最後に撮影しました。この方々と
普段から釣行できて競い合ったら、お互いに更に
上達して…。




 参加者の皆様、K氏、お疲れ様でございました。
幾度もの瀬替わりをいつも気持ちよくしていただいた
蝶栄丸のI船長、ありがとうございました。



 また、来年度に向けて鹿児島のグレ釣り師の精進が、
「ガンバリマショー」がスタートです。


 参加を希望されるこれまで未参加?の方々、
お待ちしております。ご連絡ください。

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

’17KGT決勝戦② 

 ’17KGTの決勝に残ったのは、
     試合前①
 T・D・GのH氏、SY会のM氏、GのN氏でございました。それぞれ
期するものがあるお顔にお見受けできました。


     試合前ジャンケン①
 ジャンケンでM氏勝利。海を向いていちばん右側から
のスタートです。

     試合前ジャンケン②
 アイコのお二人がジャンケンして、H氏が中央の釣り座へ。
一番潮上の左側へN氏。(ん?またも覆面?)

     決勝観戦①
 三者の釣りを決勝参加者で観戦。

     決勝観戦②
 見る位置を替え、見る強者を替え…。勉強して、
これからの自分に釣りに生かすべく…。

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

’17KGT決勝戦① 

 5月14日(日)、甑島・里にて蝶栄丸さんにお世話になり
17年度のKGT(鹿児島グレトーナメント)決勝が行われました。


 ワタクシも参加しましよ。役員としてね。
(ん~、選手として参加しなくては…)
役員として参加しながら、ちょっと複雑でござる。

 結果はKGTホームページや関係者のFBでご存知の
方が多いと思いますが、とりあえず。



 この日は、地磯回り中心の展開となりました。
 以下、検量や瀬替わりの様子です。
     検量①
 (ん?ホースヘッドは???)

     検量②
 取り敢えず、釣れてはいるようですが、結構
厳しい釣り?


     瀬替わり
 皆さん、腕達者ばかりですから、荷物の渡しも回収も
協力してスムーズです。

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

2017年 SFC南九州大会③ 

 既にソルブレ事業部さんのFBでもアップされ、結果を
ご存知の方も多いと思いますが。

 港に戻って検量です。港で待っておられた運営スタッフさんには
頭が下がります。
     検量①
     検量②


 検量が終わると、表彰式です。
     5位N氏
 第5位は、同礁のN氏。(後ろ姿でスミマセン)

     4位?氏
 第4位は、K氏?S氏?。

     3位O氏
 第3位は、名手O氏。

     優勝・N氏
 優勝は、若手ですがすこぶる腕の立つN氏。


     ソルブレ社長Y氏
 表彰式後には、ソルブレ社長のごあいさつ。

     総評H氏
 また、スタッフH氏の総評。



 最後に集合写真です。
     参加者一同
 自分もたまたま入賞できました。

 参加者の皆様、運営スタッフの皆様、お世話になりました。
ありがとうございました。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

2017年 SFC南九州大会② 

 釣座決めのジャンケンの結果、自分は海を向いて
左側からスタート。しかし、あまりのウネリとしぶきの
ためにN氏の釣座もすぐ隣り。
 マキエがどこに効くのか分からない???二人で仕掛けを
入れるとやっぱり同じ筋に流れていきます。サラシで沖に
出た後、左に流れます。しばらくするとどんどん下げの左流れが
勢いを増しました。
     ソルブレ・5・7・釣座
 久々にTフェニックスMのu/0で、ウキ止めを付けた半遊動で
スタート。G5を1個打ったのを、2投目で2個にし、更に
5投目でG3+G5へ。しばらくして自分が数尾釣りました。
N氏は、一投ごとにウキを交換したりガン玉・ハリをいじって
いました。そして、仕掛けがマッチすると掛け始めます。

     N氏やり取り①
 魚が掛かっても慌てることなくじっくりと。

     N氏やり取り②
 足元のハエ根にも焦らず余裕ののやり取りで、
すんなりタモin。自分はタモ入れにもたつきまくって
恥ずかしい限りでした。大きな反省・課題でした。

 自分は、TフェニックスM00やSのu/0、00、ヴァージ000
の00などを使って全遊動の釣りをしました。釣座交代後の
後半のみ、ロングハリスで釣りました。
 ハリスは1.5→1.7。ハリは閃烈ミドル5・4・3。

 今回の収穫。
1 釣れなければ、何かを変える。即決即対応。
2 釣座が高くうねりがあるときのタモ入れは、魚が浮いたら
 糸を出して竿立てて、足下でin。
3 管付きの方が全遊動ではアタリが明確?
 (中通しでは取れないアタリが分かる?)


 3の違いに最も嫌気がさしたり、自分の全遊動の足りない
ところが分かったり???


 釣り負けるときの方が収穫が多いですね。管付きの
釣りに負けないようになりたい。いや、なるぞ。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 2   

2017年 SFC南九州大会① 

 ゴールデンウィーク最終日の7日(日)、都合が初めて
合って、SFC南九州大会に初参加して参りました。




 なんと五連休中、三日も釣りに行き、しかもプライベートでは
なく、大会参加ばかりです。家族サービスそっちのけ
大丈夫かあ?????



 くじを引くと「13番」。いいのか?悪いのか?
同礁者はこの方でございました。ヤイバでもご一緒させて
頂いていますが、なんと初同礁です。
 管付きウキ使用の名手ですねえ。
嬉しくなりました。テンション
     同礁・N氏
(朝一に撮ったので、暗めに(黒めに?)写ってますが、
 もともとは色白な方だと思います。)


 朝一の釣り座。
     ソルブレ・5・7・釣座
 「松島のダマ」でしょうか?北西?からのウネリが
すごくて、サラシもデカくて怖いくらいで、瀬上がりすると
テンション




 さてさて、その後は…???


 今大会を数回に分けて引っ張りたいと思います。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0