FC2ブログ

グレが恋しくて

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

2017年01月の記事一覧

初磯 

 いつものごとく、渡船予約が遅いおいどん。


 木曜日から電話するが、既に遅かったようで渡船Aに
「誠に申し訳ないけれど…」と満船のご様子。ならばと、
渡船Bに電話すると、「たった今…」と、こちらもお客が多い
ようで、フラれ続けたので地磯釣行を決めました?


 しかし、前夜に膝の調子が思わしくないことと明日の天気が
とても良い・満潮時刻8時頃の2点を考えると、早朝の地磯歩き
がだんだん億劫・不安に感じてきて…。

 はい。ということで、予約なしでとある港へ午前5時45分に
到着。しかし、他に釣り客がいなくて今日は休み?と不安に
なる。6時を少し回って他のお客さんが来られ出港を確認。


 船長に断られたら、地磯か他の渡船の3便に行くつもり
だったので、一安心して久々に現地でエサ作り。
 予約なしで、受け入れてくれたH船長に感謝!
しかし、あまり良くないことですね。滅多にありませんが、
しっかり予約して渡船に乗るべき です。次から、
気を付けます。



 7時ごろに出港して渡礁したのは、初めての磯で
嬉しかった~。
     H29・1・29・枕崎・赤瀬②
 この写真でどこ辺りか分かる方は、枕崎の常連さんのみ?
「立神」は写ってますけどねえ。


     H29・1・29・枕崎・赤瀬①
 西向きはこの磯「赤水」です。左遠方に見えるのが
「長瀬」です。

 「赤瀬」に乗ったのですが、同じ磯?の西向きと東向きに
1人・2人と乗礁されてました。自分が一番南(沖)向き?
     H29・1・29・枕崎・赤瀬③



 晴天・ベタ凪が予想され、水温上昇の話も聞いていたので、
ライン、ハリスともに1.5。ロングハリスにウキ01、ハリは
ヤイバ・閃烈グレミドル4号。ハリスを9時ごろから1.2へ。
ジンタンのG8やG5、ハリを3号、2号。ウキを2種類。
中ハリスを使ったり、ハリスを同号数の柔・硬で
使い分けたりしてみました。


 バラシは、ハリはずれとチモト切れで、瀬ズレはなかったです。
全遊動で通しましたが、糸に反応があっても乗せられない
アタリが時々ありました。アワセが早くても遅くてもダメ。
ツケエも5種類ほど使いましたが、アタリエサを見つけ切れ
なかったです。


 一番の反省点は、マキエを多めに持って行かなかったこと。
地磯予定だったこともありますが、ヌカや集魚剤を車に
置いてきてしまい、水温上昇に伴うエサ取りの猛攻に
手を焼きました。エサ取り姿が見えるのに、グレの
食い気はなくて、タナは1本半前後で苦労しました。


 で、お持ち帰りは
     H29・1・29釣果の一部
 最大42.5センチ。少しずつ真子が大きくなってきて
いますが、まだまだな感じでした。残りは、27~30ぐらいの
口太とコナガで、計9尾でした。スダをくらわなかっただけ
ましかな?
 初めての磯は、自分が試されるので楽しいです。


 帰りの船上で船長に確認すると、やはり水温が20度を超えて
いたようで、どこの磯も釣果が振るわなかったようでした。
 そうそう、これは28日土曜日釣行の結果でした。
スポンサーサイト

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

’17ヤイバ磯祭り 

 ふ~、遠い。釣りきらん…。

 それはですね、’17ヤイバファイナルの九州予選の会場が
我が鹿児島から遠く離れ、下手っぴ~なおいどんでは
太刀打ちできない釣り場「宮之浦」っちゅ~ことです。



     ヤイバ’17磯祭りポスター



 今年はまた一から頑張らないかんとでゴワす。まあ、
一昨年の予選通過もまぐれみたいなもんやから、苦しかとは
変わらんとばってん?夢を叶えるには、あきらめが一番
いかんちゃから、挑戦せないかんたい?


 条件が許せば、複数申し込むバイ。



 それほど、全国のグレ釣りに熱い全国の釣り師と
お近づきになれる大会参加は、とてもとても楽しく
意義深いものであります、ハイ。バイ?


 ということで、皆さま、ヤイバの磯祭りの諸大会に
「鼻息荒く」 申し込みませんか。いろんな刺激と
交友がありますよ。

カテゴリ: ヤイバ

[edit]

TB: --    CM: 0   

もう1人 

 おっと、よくよくダイワ・グレマスブロック大会の結果が分かって
くると、もう一人結構身近な?方が全国を決めておりました。

     第2回天竜丸杯H氏②
 この方、海誓会H氏です。H社のHを使うお方で、ダイワ・
グレマス全国常連の釣戦会Y氏とよく釣行されますね。



 お二方ともあとしばらく様々な準備と修行をしていただき、
てっぺんを狙っていただきたいものです。


 H氏、おめでとうございます。

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

祝・全国切符獲得! 

 ・全国出場
 
 本日、宮崎・北浦で開催されたダイワグレマスターズ
ブロック大会に出場していた銀糸会T氏が、
見事、ブロックを勝ち抜き、全国出場の切符を手に
されました。
 自分のことのようにうれしいですね。
Tさん、おめでとうございます。これまでの
努力や研鑽が実を結びましたね。
 また、一段高みを目指して精進ですね。

     T氏やりました


 身近にこういう名手がいることは、とてもいい刺激になり
自分のモチベーションも上がりますね。

 延期になっていた銀糸会の新年会はT氏の
祝賀会も兼ね、大いに盛り上がりそうです。


 負けないように自分も頑張ろう。

カテゴリ: 銀糸会

[edit]

TB: --    CM: 2   

どうしても 

 2週連続の週末時化模様で、磯に行けずに、おまけに
貧果が続いたのに…、なんとまたまた時化予報。
南国鹿児島の主な釣り場である「南薩」地域は、
冬場の北西風に強い釣り場はあまりなく、枕崎ぐらい
でしょうか。その枕崎ですら風が回り込みそうなので、
プチ遠征してきました。



     船間?朝日
 朝日の写真だけではわかりませんよね。でも、水平線から
朝日が昇ります。そうです、大隅半島・船間まで行ってきました。


 お世話になったのは、船間ではいつもお世話になる
「啓千丸」さんです。
     啓千丸


 乗礁したのは、?内之浦辺塚海岸を過ぎてすぐの磯でした。
     船間?①
 回収直前の西側。
     船間?②
 回収後の釣座。

 朝一から昼頃までは、流石に風が回り込み、ウネリも
あってとても釣りづらかったです。
 ウキは、初使いの「フローズ01」。ロングハリスを
朝一は使いましたが、毎回ハリスが瀬に触れて
交換になるので、数尾釣った後はウキ下ハリスで
通しました。
 激渋な状況で、ツケエが触られない時間帯もあり
ました。釣れる魚はベタ底か、瀬際ハエ根の底近く。
バラシも多数で課題も残りましたが、仕方ないかな?


 同行してくれたのは、銀糸会の名手I氏でした。
     H29・1・21船間I氏


 最大50センチでしたが、ぺちゃんこのお腹。
40オーバーが3尾の計7尾でございました。
     H29・1・21釣果

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 2   

いろいろと 

 もう一時の焼酎ブームって終わってしまったので
しょうか?

 鹿児島にはいろんな銘柄の芋焼酎があり、とてもとても
すべてを飲み、味わうことはできないのかなと思います。
まだまだ、高価でなくとも美味しい焼酎ってあると思う
のですが…。

 普段は、お手頃価格のパック詰め焼酎で晩酌していますが、
正月を前後してお世話になった方々へのお礼にかこつけ、
自分も少々お高い?焼酎を味わいました。

 以前からの分も含めて数種のご紹介。
     一刻者
 米麹でなく、芋麹を使った芋100%の焼酎です。
「一刻者(いっこもん)」とは、頑固者の意味だそうです。
芋100%ですが、自分的にはちょうどいい感じで、
時々自分へのご褒美に飲む焼酎です。

     海王
     秀水
 「海王」と「秀水」は、名前に惹かれちゃいました。
飲みやすかったですが、だいぶ前になるので
説明が上手くできません… 

    桜井
 結構濃い飲みごたえのある焼酎のような気がします。

 ラベルや瓶の色に惹かれてしまうこともしばしば…。
自分的には、飲みやす過ぎるのも×。芋全開なのも×。
どれも有名・高価ではないかもしれませんが、それぞれ
こだわりのある「上手く説明できない」それぞれに
美味しさを感じることができる焼酎です。

 あくまで個人的な感想ですし、少し飲んで酔いが回ると
焼酎の奥深い味を語ることができる輩ではございませんので、
ご了承ください。

カテゴリ: だれやめ

[edit]

TB: --    CM: 0   

ご無沙汰です 

 いや、少々やる気も時間もなくて、放置状態でした。
申し訳ありません。





 さて、久々にアップしましょうかね。

 はるか昔の9日(祝)に、三連休にいくら時化とはいえ
どこでも竿を出さずに済ませるのはあかんと思い、
爆風覚悟で釣行しました。正月には50アップも出て
やるで、やるで~とやる気満々でしたが…。
     H29・1・9北埠頭2番赤

 希望ポイントは先客がおり、お隣で竿を出しました。
朝は微風・快晴で釣り日和?と思いましたが、次第に
強風が吹き、潮も思うような流れの方向・スピードに
ならず、おまけに…。ということで、グレはこまいのが
1尾に、おっと期待させたこいつだけでございました。

     H29・1・9釣果


 竿を出せただけよかったのか?貧果に終わるより
家でゆっくりした方が良かったのか?

 悶々としながら一週間がたつと、またもや時化。
近場の堤防で初の竿出し。小グレが2投目からヒットして、
あとはサイズアップや~と期待して頑張りましたが、
グレは2尾のみで、その後はハリをたくさんリリースし、
寒さと爆風に負けて退散しました。

竿を出せただけよかったのか?貧果に終わるより
家でゆっくりした方が良かったのか?

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

京ちゃんウキ 

 滋賀県在住のSさんがFBに載せていた「京ちゃんウキ」
をUさんから送っていただいていました。

     京ちゃんウキ超遠投①
 これです。「超遠投」とあるだけに、かなり遠投できそうです。
色が凄く好みです。


     京ちゃんウキ超遠投
 遠投してグレを狙うときだけでなく、谷山界隈で真鯛を狙うとき
にも使えそうです。



 「0」を3個もお願いしたのは、ナマリを張って浮力を
調整できる?と思ったから。
 で、早速…。
     京ちゃんウキ超遠投・改
 真水に浮かべると、エイジアMPLC0より浮力があり、
ブラックベリタスG4程度ではないかと判断したので、
00程度になるようにナマリを張ってみま~す。


 しばらく、紫電ウキと京ちゃんウキ、Hウキの3つをあれこれ
使って釣りをしてみよう。
 また、ご報告いたします。


 「京ちゃんウキ」に興味のある方は、コメントください。
小粒もあるそうです。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

枕崎の釣り 

 5日に、昼釣りでは2回目?となる枕崎へ。
     H29・1・5・枕崎・シオフキ②
 遠方に開聞岳と枕崎のシンボル「立神」が見えます。



 海星丸さんにお世話になり、乗礁したのは「シオフキ」という
瀬でした。
     枕崎・シオフキ
 写真左の盛り上がった所と少し奥のウミネコのいる場所が釣座と
なりました。

     H29・1・5枕崎シオフキ①
 ロッドやタモが立ててあるところが、先端側でまだ先端も
やれそうでしたが、1時間もたたないうちに潮が満ちて
帰れそうになかったので、開始後2時間ほどは自分が
先端側に入りました。

 釣り開始直後は、マキエにエサ取りの姿は皆無。
これはいいか悪いかどちらかかなと思いました。
 しばらくして魚の反応が出始めると、この日の
釣りを段取りしてくれた海○会のK氏がやりました。
     H291・5・枕崎・シオフキK氏


 ボチボチと魚が掛かり始めますが、連チャンとは
いきませんでした。途中から、ハリスを1.5に落とし
ハリも3号まで落としますがぽつぽつと拾い釣り…。
ハリス1.5、エイジアMP01の8mハリス、渋グレ3号、
が一番アタリを拾えました。浅ダナで食うことが多かった
ですが、深ダナもありました。

     K氏やり取り
 釣座交代後も魚を掛けるK氏は、やり取りも余裕でした。



 沖のシモリの更に沖、右先端のハエ根際で掛けた魚を
数尾バラシました。やり取りもまだまだです。

     K氏47センチ



 久々の枕崎で、初めての瀬。とても楽しかったです。
やっぱり初めての瀬で、あれこれ自分なりに瀬やシズミの
形状や潮を見て、グレの食うポイントを見つける釣りが
楽しいですね。
 K氏、お世話になりました。楽しい一日をありがとう
ございました。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

初釣り② 

 初釣りを振り返ります。


 斜め右前方からの風が結構強く吹きます。(段々弱まり
ましたが)潮はまだ上げ流れのようで、ゆっくり右沖に流れます。
風と潮が逆なことが幸いでした。
 しばらくすると沖を右沖に向けてかなり速い上げ潮が流れ、
それに引かれる左流れ・沖流れが強弱をつけて発生したり、
右に当ててきたりしました。
 昼頃からは下げの左流れになりましたが、速さも角度も
底潮の流れも、まちまちで、一定しない流れにその都度
対応しないと釣れませんでした。風の強さと方向も一定
ではなく、四苦八苦です。

     H29・1・1・田尻カタヘラ③
 納竿時の画像です。中央右ぐらいが釣座となりました。

 I氏から、2号ぐらいがいいよとアドバイスをもらっていたので、
ライン1.7号に朝一はハリス2号、プロフェッショナルグレ
ヘビー5号でスタート。ウキは波気があることを考慮して、
エイジアMP01、直結下=ハリスでウキゴム15㎝下にG5で
スタート。以後、ハリを4号、閃烈グレミドル4・5・3号、
ガン玉をG8、G8×2にして釣り、それ以降ハリス1.7号、7m・
10mなどいろいろ試しました。ウキも0にナマリを貼った
ものや02、釣士道遊水Jr②+、-、①-、と、次々に替えて
みましたが、どれも「パターンにはまる」感じではなく、
マキエと仕掛けの投入点、ズラシ距離・時間、
どれも一定のパターンを見つけることができませんでした。
 海況が刻一刻と変わっていたので仕方ないかも
しれませんが、パターンに近いものを見つけれられれば
もっと釣れたと思うので、それが一番の反省点です。


 で、このブログを見た方には????な
画像も何もない意味不明な釣りの状況を書いて
しまいました。
 まあ、ご勘弁ください、あまりに海の状況が一定しなかった
のです。でも、そういう状況にビタッと対応できるような
釣り師になるためにこれからも頑張りたいと思います。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0