FC2ブログ

グレが恋しくて

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

2016年11月の記事一覧

It's new! 

 マキエに入れる集魚剤って、多くのメーカーから
実にたくさんの商品が出されていてどれを使えば、
思い通りにマキエができて、沢山のグレが釣れるのか
迷うことないですか?遠投性・拡散性・集魚力の他、
好みの色とか…。



 最近、知り合いの釣友が、全く知らない集魚剤?
を使っているのを見て気になっていました。
 自分もまだ使ったことありませんが、近々試してみたいと
思います。

 取り敢えず、紹介。
     T&F 集魚剤
 シルバー・ジップロック付きの厚めのパッケージで、
[GURE]と[YOSE]の2種類。

     T&F 集魚剤中身
 左が[GURE]、右が[YOSE]の中身です。

     GURE.jpeg
 [GURE]は、1㎏で本命グレ用。オキアミのエキス(汁)を取って
使った方がいいようです。まあまあ遠投も効くそうです。
税込702円。

     YOSE_201611292118392d9.jpeg    
 [YOSE]は、1.5㎏で集魚用。アミとパン粉を混ぜて使うようです。
税込756円。

 一緒に混ぜるオキアミやアミ、パン粉の量によっても何袋を
一日の釣りで使うのか、まだ使ったことないから分かりませんが、
これまでの集魚剤とは少々使い方が違い、使い分けなければ
いけないようです。


 モノは試し、使ってみます。


 興味のある方は、09095937800、「太田誠」さんまで、
お問合せください。
スポンサーサイト

カテゴリ: エサ

[edit]

TB: --    CM: 0   

返り討ちⅡ・Ⅲ 

 くっそ~、秋目のグレめ、目にもの見せてやる~とばかりに、
秋目に連続出撃。先週末に引き続き、連チャンで秋目に釣行
しましたが、2回とも貧果でございました。


 1回目はこの方と。
     H28・11・23Y氏②
 釣りを開始して間もなくのいい曲がり。余裕のやり取りで
ゲットしたのは、良型のグレ。
     H28・11・23・Y氏釣果


 この時点では二人とも「今日はイケる」と思っていたのですが、
その後はどんどん状況が厳しくなりました。





 そして、2回目はこの方と。
     H28・11・26T氏


 んで、2回目の方がさらにさらに厳しい釣りでした。
リベンジ釣行はどんどん状況が厳しさを増している気がします。



 どちらも、30オーバーのグレが自分は1尾ずつで
ございました。何とかボーズを逃れるのが精いっぱいで、
型がとか釣り方がなんて言ってられなかった…。



 でも、この修行の釣りが上達につながると思いたい…。




 秋目返り討ち3回釣行は、実は「〇〇〇〇」での釣行
だったので仕方ないかなと言い訳も考えますが、
釣りに行ったら釣らなあかんでゴワス。

 今週末こそは…

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 2   

更新 

 チームヤイバの更新連絡が届きました。


     ヤイバ更新連絡


 ボチボチ振り込みしましょうかね。


 鹿児島支部の会員に限らず、チームヤイバ会員の皆様、
更新手続きしましょうね~。

 ステッカー届いたら、何のどこに張ろうかな?



 鹿児島にお住いの方で、チームヤイバに興味のある方、
ご連絡ください。一緒にフカセ釣り中心に楽しみましょう。

カテゴリ: ヤイバ

[edit]

TB: --    CM: 0   

グレ釣りの夜に 

 グレを釣りに行き、あまり釣れないと…。



 初夏?が旬の「砂丘らっきょ」畑を見ながらの帰路。
車を走らせていると、ラッキョウの花が綺麗に思えて
パシャリ。
     らっきょの花
 ちょっと掘ってみたくなりました。まだ、小さいんでしょうね。




 で、「大坂ふれあい館?」にまで寄りました。
ラッキョウもありましたが、小さかったのでそれは
ほっといて買ったのが、これでした。
     焼きシイタケ
 息子が焼いてくれて、超マイウ~。


 おまけに、グレ料理は翌日に回してアジ料理で
舌鼓を打ちました。
     アジ茶漬け
 なんと「アジ茶漬け」に、

     アジユッケ
 「アジユッケ」。


 アジ茶漬けも意外にいけたし、ユッケは幸せ気分でした。


 でもでもでも、次こそはグレ釣りリベンジです。

カテゴリ: 魚料理

[edit]

TB: --    CM: 0   

返り討ち 

 先週の釣りに納得できず、またまたホームとなりつつある
秋目に単独釣行。


 上がったのは嬉しい初乗礁の「下ウ瀬」?
     初・下ウ瀬

 潮がヨレてるように見えますが、海周丸さんの走り去った後です。



 足元にはエサ取りがわんさか。潮はゆっくり右流れ。結構水深が
ありそうで、シモリもあまり見えないので…。


 そう、グレではなくイサキ狙いで釣り開始~。
2投目から狙いのイサキが竿引きで当たりますが、サイズが
ウリ坊クラス。同じ数だけ足裏前後のコナガがラインを
引っ張ります。
 そんななか、コイツが来てくれました。
     H28・11・20グレ40
 40㎝です。ありがたや。



 しかし、潮が緩むと30m以上?投げてるのに、名物が
お出まし。
     秋目名物


 ちょうど見回りの9時前だったことと、別の瀬に乗ってみたくて
瀬替わり決断。次の乗礁したのは、これまた初の「墓石」。





 で、ここで撃沈。エサ取りは少なかったのですが、グレからの
反応も薄く、掛けてもバラシ。コナガを追加するにとどまりました。
これでは、リベンジどころか返り討ちです。


 釣果の一部です。
     H28・11・20釣果の一部



 釣りの帰りに、ウリ坊とコッパ尾長数尾が、良型アジに変身。
いつもいつもお世話になります、I氏。



 この日は、同じ渡船でたくさんの知り合いの方にお会いして
沢山お話しできて一段と楽しい釣行となりました。


 また、帰宅後はちょっとばかし初めての料理も…。また次回に。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

釣りは楽しい?ムズイ? 

 先日の「秋目」釣行。「秋目」の「ビシャ」でした。
(乗礁されたことのある方しか分からない?)



 前記事の通り、いろんなことが上手くいかずに、
37.5センチのグレ1尾に30センチ弱のコナガくんを
2尾ぽっちのお持ち帰りでした。



 使用ウキは、
     H28・11・13使用ウキ


 相変わらず大して浮力の変わらないウキを使います。
自分なりには「意図して」使っているつもりなんですが。

 際・遠投・先打ち・後打ち・口ナマリ・段打ち・ウキゴム直下・
ロングハリス・短ハリス・ハリ2~6のライト~ヘビ~、ツケエ8種?
などなど、あの手この手を繰り出すも「アタリ」を引き出せず…。



 やっぱり釣りって難しい。
「ハマらない」と、厳しいときもありますね。



 しか~し、それでも「釣りは楽し~い。」


 試すべきだったと思う反省点もいくつかあるので、次こそは
攻めの釣りで?爆釣じゃ~。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

極貧果 

 一週間空いただけで、ものすごく久しぶりに釣りに行く気が
します。病気?いやいや皆さんそうでしょう?



 今日はこの方と。
     H28・11・13Y氏①


 どこだか分かりますかね?名礁と呼ばれますが、エサ取り
も半端ない瀬ですよ。




 自分は、こちらからスタート。
     H28・11・13・自分釣座


 Y氏早々と竿を曲げます。
     Y氏やり取り






 昼過ぎにようやく、
     H28・11・13釣果




 めちゃくちゃ厳しい釣りでした。ツケエも7種類試しましたが、
どれもあきまへん。



 くっそ~、リベンジじゃ。
     H28・11・13・沖秋目島

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

第2回天竜丸杯③ 


 晴天に恵まれた6日(日)の第2回天竜丸杯も、決勝戦まで
無事終了。帰港します。
     天竜丸杯決勝瀬

 今回は、天竜丸Ⅰ・Ⅱの2便体制での開催でした。
     天竜丸Ⅱ?




 結果は、
     第2回天竜丸杯4位N氏
 第4位C会N氏。

     第2回天竜丸杯第3位N氏
 第3位K会N氏。

     第2回天竜丸杯準優勝N氏
 準優勝、おいどんとも対戦したK会N氏。

     第2回天竜丸杯優勝O氏
 そして、優勝はO氏。

 という結果でございました。


 またまた、グレの魚影の濃い桜島周辺で
自分の釣技を高めたいと思います。
 目指せ「サクラジマン」???

 運営スタッフ、船長様方、参加者の皆様、
お世話になりました。また、よろしくお願いします。

 

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

第2回天竜丸杯② 

 トーナメントの楽しみ方は人それぞれでしょうけど、
自分が負けても上位進出者の釣りを間近で見られていい
勉強になることもいい面ではないでしょうか?


 第2回天竜丸杯の決勝に進出したのは、この方々で
ございました。
     第2回天竜丸杯決勝進出者4名



 自分は、自分の釣りに参考になればと、眠気を振り払い
つつ、「必死で」観戦しました。



     第2回天竜丸杯決勝O氏①
 ルアーからフカセヘ転身?したO氏。マイペースの釣りを
展開され、ハマっていた気がします。

     第2回天竜丸杯決勝N氏①
 自分が一回戦で敗退したN氏が決勝進出していて
嬉しくなりました。落ち着いたマイペースの釣りが
印象に残ります。

     第2回天竜丸杯決勝N島鹿氏①
 よかにせ(=はんさむ)?C会N氏も落ち着いた印象でした。


     第2回天竜丸杯決勝N山氏①
 周りからたくさん突っ込み受けて集中できなかった?
C会N氏もカッケ~。

 4名の方々、とても落ち着いて釣りをされているように
感じて、凄いなと感じました。自分だったら……、
ツケエもハリにつけられないぐらいのブルブル状態?
もっとハイテンション?


 う~ん、やっぱい決勝に進まんといかんでゴワす。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

釣るねんな 

 11月6日は、G社の甑島大会やテスターの講演会?
D社の講演会?等もあちこちで開かれていたようです。



 そんななか、仕事の都合でどれにも参加できなかった
I氏はプライベート釣行で相変わらず釣っちょるでゴワす。
     28・11・6I氏釣果

 本当は大好きな「ピンク色」
狙っているんでしょうが、この他はアジだったようです。
ピンクいのが釣れなくても、大好きな焼酎をいただいて
頬っぺたはピンク色だったのかな?

 なんだかんだで、釣ってるから凄いなあ。

カテゴリ: 銀糸会

[edit]

TB: --    CM: 0