FC2ブログ

グレが恋しくて

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

2015年10月の記事一覧

ふ~ 

 先週ぐらいですかね?ミニ菜園の大根を間引き
しました。
     菜園収穫第1号

 間引きしたにしては上出来?置いて撮るかと
思いきや、息子は持たせて撮りました。



 今日は久々の雨。野菜にとっては恵みの雨となりました。





 って、菜園ネタは置いといて、


 先日の釣行時に使用したウキは、
     10・24使用ウキ
 (ぼけちょりますなあ~、スミマセン。)



 右端のウキ、気になりません?
 そう、自作ウキですよ。H会長作です。


 気になって、先日の釣行でかなりの時間使ってしまい
ました。結構飛ばせて、糸落ちも良かったです。


 で、他にも
     Hウキ

 また、次回もどれかを試してみたいと思います。
目指せ、Hウキテスター。









 釣りの翌日、25日は所用で
     いぶすき~
 海を見て、釣りに行きたくなりました。ビョーキです。

 ふ~。いろんな意味でため息が出ます。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: 0   

1ヶ月ぶり② 

 午後から風が強くなるという予報もあり、船長の意見も
同様のようで10時ごろに瀬替わり。
 

 上がった磯は初乗礁の
     久志・野球場①


 まあ、分かんないですよね。(先週末に上がられた方も
いらっしゃるみたいですが…。)


 これならどうだ。
     久志・野球場②
 これまた、向こうに有名瀬が2つもありますよ~。



 で、ここでは、オヤビとコッパに弄ばれて、遠投釣法
炸裂ならず。何してもダメでした。足裏大尾長とこいつを
キープしたのみ。
     ネイゴ?




 で、この後もう一回磯替わりさせていただいたのですが、
そこでも足裏大尾長とネイゴをキープしただけでございました。




 遠投とずらし。どちらも課題克服ならず。まだまだ
修行せないかんです。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

1ヶ月ぶり① 

 この前来たような気がしていたのですが、確認すると
既にひと月立っていました。



 24日土曜日、ホームにぼっちで行ってきました。同じ南薩の
Nがボチボチ釣れているようだったのですが、釣果よりも
秋磯らしく攻略が難しい「エサ取り遠近分離」で、
遠投釣りのスキルアップを狙っての釣行です。


 乗礁したのは、上物3番目で
     久志・ニワトリ?

 分かりませんよねえ。イサキさんの出される問題より
難易度高いと思います。では、ヒント。(写真クリックで、
写真名が分かるかもしれませんが?)

     久志・ニワトリ?②

 向こうに見えるのが、結構有名な瀬です。渡船区が
違いますが。

 朝一は、船長に勧められるまま写真1枚目のタモを
立てている場所から竿出し。で、おっと思わされた
1尾目はコイツでした。
     キュウセン?
 外道なのですが、タモ枠45センチで優に40を
超えたデカ判?なので写真を撮ってしまいました。


 しばらくして潮流れがおっつけ気味になったので、先端に
移動。
     久志・ニワトリ?先端


 ここでようやくグレ1尾目をゲット。釣り開始から1時間ちょっと
たっていました。
     グレキーパー35



 今回の釣行の課題を、早めの時間に一つクリアできて
ちょっと嬉しかったのですが、後が続かなかったことや
手返しアップ・遠投コントロールはまだまだです。途中から
潮が止まり、おっつけ気味にもなったので完全に集中力
が切れました。

 2Rに続く?

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 2   

久々の報告 

 銀糸会メンバーから釣果報告がありました。
 (メンバーというか、会長ですが…)


     151021_185056.jpg

 相変わらずのメタボぶり。今日は型が良かったそうです。
既に脂ノリノリです。


 これから、遠投同時打ち、マキエ・仕掛けのコントロール
練習を兼ねて時々通うことになることでしょう。

カテゴリ: 銀糸会

[edit]

TB: --    CM: 0   

アジ祭り~ 

 18日にアジが入れ食いしたので、18日から3連チャンのアジ料理
となっております。


 当日はもちろん、メイン=刺身、サブ=塩焼きとなりましたが、
昨日は、
     アジたたき丼ガーリック風味
 たたき丼なるものです。次は釣ったその日に食べてみたい。
マイウ~でございました。

     アジのスパイシーフライ
 そして、スパイシーフライは絶品。大葉を巻くことと味付けで
だいぶ変わる気がしました。
 結構脂がのってます。


 明日以降に、書きたくない・思い出したくないファイナル
決勝を書きますかね?書こうという意欲が全く湧きませんが。

カテゴリ: 魚料理

[edit]

TB: --    CM: 0   

のんびりしたくて 

 敗戦のため、めちゃ気合が入りグレ釣りに行きたい
気がしていたのですが、結構お疲れモード。


 のんびりしたくて、土曜日に仕事を何とかして
本日谷山界隈に出撃してきました。
     久々谷山


 余った解凍マキエを処分できたのはいいのですが、
潮がほとんど動かずピンクレディーは不発。チャリダーや
黒くて小さいやつが相手をしてくれました。


 よかったのは、アジが釣れたこと。釣れるのは
時間限定ですが、何も釣れないよりまし。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

’16KGT役員会 

 昨晩は、2016 KGT役員会に出席させていただきました。


 参加クラブがまた一つ加わるのは嬉しいことですね。
日程や大会方法など、昨年度までの課題を少しでも解決できるよう
話合いが行われました。課題のすべてをすぐに解決できるわけ
ではありませんが、参加する釣り人が増えて鹿児島の釣りがもっと
盛んに、楽しくなるといいなと思います。

’16KGT役員会①



 話合いが終わると…
     16KGT役員会②


 自分もとっても「濃い味」をいただきまして、汗をかきました。
この方も。
     16KGT役員会③

 ’16KGT大会日程等については、KGTホームページをご覧ください。
HPにアップされたのちに、本ブログでも少しばかりお知らせしたいと
思います。

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

ファイナル・準決勝 

 全国の名手や予選通過者との「釣話」に飽きるはずも
なく、いつものごとく酒に「呑まれ」、2日目に目が覚めると
「ヤイバじゃなくて、やばい。残ってる…。」



 取り敢えず、朝飯をかき込んで水分を多めに摂取。




 そして、いよいよ準決勝。
瀬名忘れました。日振島の裏磯でした。
山口県から来られたM氏との対戦でした。


 (写真がありませんが)
潮は右流れ。特段ポイントになりそうな沈みや根がありません。
少しずつ速くなるだろうということで、優先権があった自分は
潮上を選択して釣り開始。

 ハリスを6.5mほどとり、エイジアLC/MP01で釣りスタート。
ハリはプロフェッショナルグレHやM、閃烈Mなどを使いました。
取り敢えず10尾揃えることを優先しましたが、開始10分過ぎる
頃からは、驚くほどどこにでもグレが湧くのに、なかなか
釣れずにまいりました。ウキ下を換えたり、ガン玉を上下したり、
ハリを替えたり、マキエとのずらし幅や投入タイミングを替えたり
超遠投・遠投・近投・際釣りなどして釣りました。

 結果、2920g‐2195gで勝利。試合後、日振の釣りを知る
審判の方々からいろいろ教えていただき、自分の勝利がかなり
ラッキーだったと思わされました。
     7・5使用ウキ?
 (写真がないので、鶴見磯祭りで使用したウキ・
今回もメインで使用したウキの写真です。)


 すみません。写真もなく、他ブログ等の航空写真などを見ても
瀬の紹介がありません。有名磯ではないのでしょうが、
あちこちでマキエに湧き上がるグレには、少々感動したり
飽きれたりしてしまいました。数を釣る、型を拾う釣りを
覚えていないと勝てないんだなと思わされました。

 しかし、鹿児島ではほとんど小型は「小ナガ」ですから、
同じように練習できる場所は限られそうです。


 で、いよいよ悔しいやら情けないやらの決勝編に続く。

 

カテゴリ: ヤイバ

[edit]

TB: --    CM: 0   

ファイナル・ブロック予選 

 ブロック予選は、宇和島湾内と聞いてはいましたが、
まさか、波止とは…。
     
後ろの船やロープなどの漁師さん関係の
の物にはマキエを掛けないようにとのことでした。
 頭上には電線があり振りかぶっての遠投はできません。
また、時折漁師さんその他が後ろをスクーターや自転車、
徒歩で通られるので、めちゃ気を使います。

     九島?波止②    

     九島?波止①
 この画像の一番手前に写っている電柱?から次の電柱までが
ワタクシを含めたCブロックの半分・2人の釣り座。
その次の電柱までがあと2人の釣り座でした。

 2・3ブロック先は、Dブロックの4名が戦っておられました。
当日は、この左斜め後ろで、四国本島からの架橋工事が
行われており、波止の上にもカメラマンを含めたギャラリー
多数。

 そんな場所で、予選ブロック4人総当たり戦が行われた
のであります。
(携帯使用禁止のため、デジカメは持参していたのですが
心理的に余裕もなかったため、画像がありません)


 1試合目は、山口からお越しのA氏と対戦。
取り敢えず10尾をそろえるべく遠投メインで釣りました。
 エイジアLCMP01、ライン1.5号、ハリス1.5号、G81個、
プロフェッショナルグレH5号の全遊動で釣り開始です。
 前半で8、9尾を釣り、後半はサイズアップで入れ替えを
試みて、サイズの大きいものが少し多かった自分が
2430g-1705gで勝利。

 2試合目は、広島からお越しのH氏と対戦。
自分の仕掛けはほぼ同じでしたが、1試合目に少し
型のよかったもう一方のサイドで釣りをし、型・数
ともにパターンをつかんだ自分が4100g-2270gで
勝利。

 この時点で、自分一人が2勝。A氏・Y氏が1勝1敗。
H氏が2敗で、2試合目の重量差からかなり自分が
有利だったのですが、A氏は「次に勝って重量差で
勝れば自分が上がれる」(実は直接対決で自分が
勝っているので、2勝1敗でも自分が上がり?)
Y氏は、招待選手・先駆者としての意地から是非とも
勝利して2勝1敗で重量差勝負に」。H氏はY氏が
会長を務めるクラブ員さんで、「会長アシストのために
是非とも勝利を」と、3者とも自分が宿敵との思いで
釣りをすると意気込んでいらっしゃったので、
お気楽さは全くないままの3試合目に突入。
 
 3試合目は昼食をはさんで、柄杓作りで有名な
招待選手Y氏と対戦。
お疲れのようでしたが、気合十分の釣りで
プレッシャーは流石に歴戦の強者という
感じでした。自作棒ウキで比較的手前を
タナ深めでマキエをずらして釣っておられました。
途中Y氏のタモ入れ直前のハリはずれで仕掛けを
電線にかける時間ロスもあって、辛くも
自分が3550g-3180gで勝利。
検量するまで負けたと思っていました。


 そんなこんなで、まさかの3連勝で初日を終え、
翌日の準決勝進出が決まったのでありました。


 帰港後にまさかの準決勝分マキエを混ぜるなどし、
同部屋となったヤイバ九州ブロック会長H氏・
ビデオインパクトT氏などと小休憩をはさんで、
懇親会に突入。
 抽選の結果、自分は準決勝でA氏と同じ山口から来られた
M氏と対戦が決まりました。
     準決勝進出者①

 全国の名手や各地の予選通過の強者たちと大好きな
釣りの話で盛り上がり、セーブしようと思っていたのに
やっぱり?当然?飲み過ぎてしまい、翌日に続きます。

カテゴリ: ヤイバ

[edit]

TB: --    CM: 2   

あかん 

 ファイナルに行ってきました。


 予選ブロックは何とか3勝で、まさかの突破。


 夜は懇親会。ジャンケン大会で盛り上がりました。
     懇親会



 
 準決勝も勝ち、なんと決勝進出。




 しかし、しかし、疲れていたのか、集中しきれず、
焦りも出た感じで3Rに釣りきらずに3位。


     胴上げからの
 優勝者は、胴上げの後に手荒い祝福を受けました。



     日振島 遠景
 日振島=とてもとてもグレの魚影の濃いところでした。
普段の釣りとはちょっと違う気がしましたが、何とか通用すること
も分かりました。また、自分の課題もいくつかはっきりしました。
 また、課題克服すべく精進です。

カテゴリ: ヤイバ

[edit]

TB: --    CM: 2