FC2ブログ

グレが恋しくて

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

カテゴリー「KGT」の記事一覧

’20KGT甑島予選② 

 振り返ると反省ばかりが浮かんでくる今回のKGT
甑島予選…。振り返って今後に生かさねば、
上達はないと思うのですが…。
 写真はないし…。



 1回戦は、自分が後からくじを引いて対戦が決まった
銀糸会T氏。数週間前の里釣行で負けておりましたので、
何だかやばい気がします。釣り場は近島の「ハエバナ」
でした。結構な速さで左に上げ潮が流れています。
潮下側からかなりの強風。厄介です。
 明るくなり始め、準備が整った頃にジャンケン。
後半に潮下に入り、マキエが効いたグレを連チャン…、
のつもりが逆に入ることに。
 左沖に流れる本流とその引かれ潮の合流点を
攻めますが、引かれ潮側から入れると風でウキが
どんどん手前に。一投目からグレが釣れ、数投して
また1尾追加。しかし、浅ダナでエサが盗られたり、
深く入れ込んでも残ってきたり…???
アタリウキをつけたり、ガン玉を段打ちしたり。

 結局2尾しか釣りきらず、釣座交代。

 後半は右の潮上のワンド。横流れがつっかかって
きて、釣りになりません。おまけに、1本ぐらいの
深さの目の前に大きく広がるタナ?諦め半分。
やっぱり左のワンドも釣座にしてよいと提案
すればよかったと後悔。しかし、2尾はとても
安心できる釣果ではないので、潮上から段打ち
マイナス仕掛けを入れ込み、タナの切れ目
付近を探ります。それで、何とか1尾を追加する
ことができ、落ち着きました。
 終了10分ぐらい前に、T氏が1尾目を取り込み
ました。少し焦りましたが、3尾目のあることが
余裕を持たせてくれました。

   KGTタックル①
 今回は、釣況的に厳しいかもと思ったので、
遠投よりも中間距離までのシモリ回りを丁寧に
探るつもりのタックルセレクト。


   KGTタックル②
 「観」の出番までは考えませんでした。しかし、
短時間のトーナメントでも閃いたことは試せないと
ダメでしょうね。この試さない(仕掛けを替えない)
釣りが今大会の敗因かも知れません。

 2回戦は、気が向けばかな?
スポンサーサイト



カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

’20KGT甑島予選① 

 15日(日)、甑島里にて、’20KGT第1回甑島予選が行われ、
参加してきました。
   ’19KGT甑島予選②
 Hさん、画像拝借いたしました。スミマセン。


 ここ数年、なかなか決勝に進めずにいたので、
各メーカー大会同様に、是非とも勝ち進みたい大会の
一つでした。が、しかし、このKGTの成果もあるのか、
参加者のレベルが格段に上がっていて、メーカー大会
同様に予選通過すら難しくなってきています。
 まあ、鹿児島の磯フカセのレベルアップを考えると、
好ましいことですね。


 鹿児島銀糸会は、少しでも大きな魚を釣って勝負も
勝ちたい会員が、ワタクシを含め5名で参加でした。

 どうせ、24分の5の確率ですから、どこかで誰かが
当たるだろうと思っていましたが、1回戦でワタクシめが
T氏と、T会員とH顧問という、どうにか外れてくれとの
願いもむなしくしょっぱなから同士討ちとなりました。


 気合の入ったトーナメントとなると、写真なんぞ
撮れるものではなく、画像がほとんどありません。
おまけにちょいとやらかしまして、撮った写真も
載せられません。



   ’19KGT甑島予選①
 腕達者の揃った、まるで決勝のような参加者ばかりの
予選で、おまけに魚影の濃い甑島・里での大会でしたが、
釣果的には厳しい結果となったようです。



 協賛いただいている各メーカー様、テキパキと
動いてくださった役員さん、そして、参加者の皆さん、
お疲れさまでした。お世話になりました。
ありがとうございました。



 自分の結果や釣りなんぞについては、ボチボチ
載せていきたいと思います。
 

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

’20KGT役員会 

 25日(金)、’20KGT役員会が行われました。

   ’20KGT役員会


 いつも、事務局である(YAIBA九州鹿児島支部長でもある)
K塘氏のご苦労が推察されます。ご迷惑を掛けないように、
自分の所属クラブの連絡調整を役員其々がしっかり
行ったり、参加希望者が大会運営に支障がないように
協力したりせねば。


 さて、以下が今年度の開催日程・開催場所です。

 第1回予選会 令和元年12月15日(日)  甑島・蝶栄丸
     予備日 令和2年 2月16日(日)
 第2回予選会 令和2年 1月26日(日) 桜島・天竜丸
     予備日 令和2年 3月15日(日) 
 決勝トーナメント  令和2年 5月10日(日) 甑島・蝶栄丸
      予備日  令和2年 6月14日(日)


 最終決定日程・場所については、参加各クラブ役員より
連絡があると思いますので、参考程度に。



 鹿児島の参加クラブ員相互の親睦、技術・マナー向上に
大きい功績を残してきた「KGT」。もっともっと
参加クラブが増えて、鹿児島の釣り人口が増え、参加者の
釣技向上が図れるよう、自分も少しでも尽力できればと
思います。

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

’18KGT甑島予選② 

 2名による1時間交代の1回戦が終わると、
風が強くなり自然条件が厳しくなるなか、3名対戦に
よる2回戦がスタートしました。



 下げ潮の時間帯に入ったうえに、強風でまともな
釣りができたところはほとんどなかったなか、
それでも釣果を上げた方・場所もありました。
参加者の確かな「腕」を感じました。



 そして、港に戻って結果発表を含めた閉会式。
   閉会式



   ジャンケン大会①
 閉会式後に、抽選番号で商品ゲット。
盛り上がります。

   ジャンケン大会②
 これもまた、釣大会に参加する楽しみの一つですね。


   ジャンケン大会③
 自分の番号もあればなと思いました。やっぱい、
参加せんなすまんばい。


   ゲット②
  一番の商品。YOU-SHIのバッグは…。

   ゲット①
 1ケースのジュースをゲットした~。


   N氏うれしい?
 鬼と狼…。決めポーズありがとう。


   集合写真①
 参加者で集合です。


   集合写真②
 協賛いただいたメーカー様、ありがとうございました。

 選手、役員の皆様、お疲れさまでした。

 大会結果は、KGTHPhttp://kgt.x0.com/からどうぞ。

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

’18KGT甑島予選① 

 17日(日)、’18年度のKGT(鹿児島グレトーナメント)の
甑島予選が行われ、「役員」として参加してきました。


 抽選くじを用意したり、今年度からメーカー協賛も
いただいているので
、参加賞準備も。
   KGT参加者参加賞?


 その参加賞の一例です。
   参加賞中身
 選手がやっぱりいいなあと思いました。欲しかったです。
これがもらえるだけでもお得気分です。参加費より総額が
多い
と思います。実釣時間はプライベートの甑・里釣行より
短いですが、試合での緊張感は何とも言えない
楽しさがありますし、何より腕自慢の方々との
釣りと情報交換、釣り仲間が増えるなどの
メリットは計り知れません。

 参加を希望される方は、KGT(鹿児島グレトーナメント)の
HPをご覧いただき、目的その他をご確認のうえ、
事務局や当ブログまでご連絡ください。




 受付と抽選、開会式での競技要項説明などが終わると、
出船。午前4時半ごろから抽選番号1番から渡礁開始
しました。


 無事に参加メンバーと一般のお客様が瀬上がり後、
自分はもう一人の役員、薩摩友グレ会S氏と渡礁。
グレとお土産釣りを楽しみました。(おみやは
釣れなかったですが)
   役員S氏
 マキエや仕掛けの投入がスムーズです。お土産
狙いをしたり、遅れて仕掛けを準備したりしながら、
しばらく後ろや横から釣りを観察・勉強させて
いただきました。こんなことができるから、
いい経験になるんですねえ。


   役員S氏②
 うほっ、釣りましたやん。流石です。自分と
仕掛けや流し方、狙うポイントなどが違い、
いろいろ考えさせられました。



 楽しい時間は、短く感じるもの。お仕事、お仕事。
1回戦の検量に向かいます。
   1回戦終了
 風が強くて、検量に手間取り、選手の皆様や船長に
ご迷惑をお掛けしました。トホホ。これも修行します。


   M・K・S
 竿友会M氏やIFTK氏(KGT事務局)も選手としての
参加でした。


   O・T・S
 薩摩友グレ会O氏と我が鹿児島銀糸会のS会長と
T氏も参加です。


   K・M・?
 1回戦はまあまあな釣果で、釣果の差での勝敗が
決まったので良かったのですが…。


 2回戦とその後は次回に。




カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0