FC2ブログ

グレが恋しくて

02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

カテゴリー「タックル」の記事一覧

初買い 

 2日、買ったものですが正月らしくおせちを頂きました。
     ’19おせち


 元旦に、集魚材の箱買いに行こうかとも思いましたが、
並ぶのも、新年早々出かけるのも嫌気がさして、
2日、諸釣具店の初商にお出掛け。
     去年のカタログ
 タックル補充の他に、ウキのカタログを年落ち?
で頂く。


     ’19初買い
 ラインを中心に初買い。お買い得の旧モデル
ラインは、真鯛や尾長狙いで使ってみようと、
購入。ウキに張るナマリも買ってみた。



 あちこちはしごしていると、LINEで
銀糸会I氏がレディをゲットしたとのこと。
     めで鯛


 ちょいとお邪魔して、S会長とI氏の間に入り、
おまけにマキエまでしていただきながら釣りを
しました。
     1・2I氏釣果Ⅰ
 自分のハリには掛からなかったが、I氏は良型2尾目を
捕獲。いい正月だあ。寒いなか頑張ったかいが
ありましたね。
スポンサーサイト

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

柄杓でも作らんなら 

 11日(日)も磯へグレ釣りに行ったのですが、
KGT1回戦敗退を引きずっており、KGT前からの
風邪さんも長引いており、マダイ・イサキをメインに
狙ったこともあり…。貧果でございました。トホホ。




 体調も芳しくなく、仕事も立て込んで、
なかなか更新意欲もわきませんでした。



 さて、KGT前からトーナメント用にマキエ柄杓の
自作に入っておりました。いつもの材料です。
初公開かな?
     マイ柄杓材料


 ベルモントのカップがお高いので、その他の材料費や
塗料代、グリップテープ代などを考えると約5000円程
の原価になります。お高いですよね。

 しか~し、自分的には杓の柄の硬さや軽さも申し分なく、
カップのマキエ離れも良く、長さも70~90㎝ほどが
自在で、満足度が高いのであります。見た目や軽さなど
では、流石にメーカー製品と比較しますと見劣りしますが、
性能と自己満足度が高いので、ノープロブレム。
唯一無二の杓ですし、お高いメーカー杓よりは安く、
作ろうと思えばバリエーションも豊富。「自作」の
強みですね。まあ、もう少し見た目美しくできれば
いいですが、性能重視でいいや。



     マイ柄杓現行


 85㎝のMカップとSカップ。現在はSカップが、カップ
破損のため82cmほどになっています。85㎝は主に
チヌ釣りに、75㎝はグレ釣りに使用しています。
 今回は75~78㎝のMカップを製作中。



 杓の柄は桐材で、穴あけと削り・塗装を施します。
塗装がウキづくりと同じくムズイです。
 もうすぐ完成ですから、次回の「大会」では活躍
してくれることでしょう。



 さて、今週末までに体調を整えなくては…。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

帰還 

 だいぶ前にブレーキレバーが骨折していた
’09トーナメント競技を、やっとこさ修理に出していました。
 
     トーナメント競技ブレーキレバー殉職②


 やっとご帰還。
     帰還競技Z
 予算を多めに頼んでいたら、確認の連絡もなく
予算ギリギリでパーツ交換されました。以前は、
確認の連絡があったと思うのですが…。
 まあ、おかげでかなり綺麗になり、回転もスムーズ
ですが、1回目の修理と合わせて金額的には
もう一個同じリールが買えるほど…。


     交換パーツ
 ローターも交換されるとは…。



 おかげさまで、新しいリールと竿の購入意欲が
治まったのでいいのかな?


 おニューが欲しい…。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

さあ、開幕 

 ここ一月、台風様の襲来などで夜焚きの赤イカ釣りに
行けないことから、暑いのに昼の堤防真鯛釣りに
通い詰めました。
 それはそれで、それなりの釣果と経験がありました。


 しか~し、流石にそろそろです。例年9月になると、
ハリやハリスの手持ちを確認してタックル補充し、
磯のグレ釣りが開幕します。



 明日から開幕でしょうか?







 開幕に向けて、今年の自分のグレ釣りテーマを
決めると、これが気になって確認です。
     ガン玉の重さ

 ガン玉を打つ・打たないはケースバイケースで、
絶対的なこだわりはなかったのですが、昨年の中心は
全遊動。今年は…???




 かなりの厳しい状況でしょうが、修行の釣りに
行ってきます。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

ウキ浮力チェック 

 次から次にやってくる台風さんのおかげで、
釣りに行けずにいるので、これまでのメインウキと
今年のNewウェポンの浮力チェックをしました。



 一メーカーの同浮力表示のウキでも、浮力チェックをすると
微妙に浮力が違うし、時には???なこともあるのです。

 気にするのは、マイナス浮力のウキ?の浮力で、
この手のウキの沈下スピードで釣れたり釣れなかったり、
アタリが取れたり取れなかったりするので、
マイナス浮力のウキたちの浮力をチェックします。


     ウキ浮力チェック①
 まずは、濃い塩水を作り、それにマイナス浮力の大きい
ウキから浮かべて、少しずつ水を入れていきます。


     ウキ浮力チェック③
 沈んだ順番に、ウキの種類ごとに並べていきます。


     ウキ浮力チェック②
 やっぱり感覚的な浮力とずれがありました。これまでの
メインウキの浮力と浮力順が分かるようにNewウェポンに
マジックで落書き表示しました。


 落書きでカッコ悪いですが、これでしばらくはウキの選択で
時間ロスが減りそうです。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0