FC2ブログ

グレが恋しくて

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

カテゴリー「タックル」の記事一覧

また使ってみる 

 釣り動画を見ると、特にシマノ関連を見ると、
やっぱりPEラインをまた使ってみようかなと
思ってしまう…。


 ラインメンテが良くなかった点も分かったし、
リーダーや結束もまあまあ勉強したし。


 ということで、
   200mPG5⁺ 0.8
 今度はイエロー。ナイロンラインのように少しずつ
使用後にカットして使ってみようと思うので、200m
チョイス。お高い分、釣れてくれないと困る。
 さて、いつ使おうかな。
スポンサーサイト



カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

マキエ杓のカップ交換 

 過日のヤイバ釣大会甑釣行で、ショックなことが…。
ブログタイトルと考えていると、「うげっ」とか「ぼへっ」とか
を思い付いたけれど、何のことだか分からない。結局、
ありきたりのタイトルに。



 ここ数回、バッカンを自分の立ち位置より少し前に
置いてマキエを掬っていた。カップにはちょいと
きついかなと思っていたら、やっぱり?カップが破損。
   破損カップ
 バッカンは横に置いて、カップに負担掛けずに
マキエを掬わんといかんな。


   柄杓カップ交換①
 同じSカップに交換です。


   取れたカップ
 火で破損カップを少し炙ってペンチで引っ張ると、
無事取れた。


   交換後
 カップの向きを確認し、慎重に接着して完成。



 また頑張ってええ仕事してもらいましょう。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

フカセの「小物」って大事よね 

 ロッドやリールの入ったロッドケース、タモの柄、クーラー、
バッカン、ライフジャケット、磯シューズなどは、釣行前には
多くの場合、しっかり準備・確認。忘れることはほぼ??
ありません。当然ですな。
(自分の場合、タックルの手入れはかなりええ加減で、
 釣行ごとに洗うのはクーラーやバッカン回り、磯シューズ
 ですが)
 時には、ライン使用回数が増えて短くなったり、糸クセが
ついたりしてますが。


 時々しか確認・補充を行わないのが、ハリスやガン玉、
ウキゴム、ハリで、やっぱり釣行時に気付いて困ることが
多い。その後に確認して補充するという、なんともずぼらな
性格。
   愛用ライン②



   使用ガン玉



   1・13定例会タックル



   ウキゴム①


 昨晩久々に、小物類の確認をした。


 結構、不足を感じる。
○ ハリス1.5×2、1.7(2種)×1、1.5ロング×2
○ ピンオンリール×1、ラインカッター×1
○ ゴム張りガン玉 G3×1、G5×1
○ ガン玉 G8×2、3B×1、2B×1
○ ウキゴムMイエロー×1

など。これってかなりの総額やな、と気付く。
年末年始でどうにか揃えよう。



 小物と呼ぶのは失礼かな?自分の釣りをするには
必要不可欠なものが多い。ウキを替えるよりも、
小物を替えることの方が多いし、微妙な調整に
不可欠なものばかり。ちょいと違うメーカーの物だと
更に微調整が必要になる。

 現在使っているメーカーの物を他メーカーに替えると、
釣行時の感覚が変わるので、現場でその都度
微調整が必要だと感じる。



 まことにめんどいが、これも楽しい。自分の感覚に
合った小物に出会えると嬉しさ倍増。



 ん~~~~、やっぱり「オタク」ですか?

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

磯シューズ 

 磯ブーツ→磯ブーツ+磯シューズ→磯シューズ。


 ブーツがオーソドックスな気がして磯のグレ釣りを
始めたころから履いていたが、真夏にも磯釣りに
行っていたので、蒸れや暑さが嫌で夏は磯シューズを
履き始めた。
 夏と冬を別々にブーツ・シューズを履き分けると、
使っていないのに少しずつ劣化する気がして、
シューズだけを履くようになった。



 べりピタなる替えソールが出て、見た目や傷を少々
我慢すれば、自分の釣行回数では約2年のサイクルで
おニューになっている。

 釣行後に、ソールのみか、潮をかぶればシューズ全体を
水洗いして陰干し。それでソール1回交換で約2年。
持ちがいいのか悪いのか???釣行回数や磯の
岩質にもよるのかな?



 量販シューズショップで買ったシューズに替えソールを
貼って使っていた時期もあった。それはそれで安上がり
な気がしてよかったのだけれど、「厚底」で何となく
磯での素早い動きに不安を感じ、ソールを替えられない
安めのシューズを履きだした。
 ソールを替えられるから安上がり?との発想で、
替えソールの紐からマジックテープ、そしてダイヤル式
のBoa?へと自分の履くシューズも変遷。
 このダイヤルを回してワイヤーで足首に合わせるシューズを
履いてしまったら、着脱の容易さとフィット感から
以前のシューズには戻れないでいる。



 シューズ外側の破れが少しずつひどくなりながらも
ソール交換で使っていたシューズのワイヤーが切れ、
ついにおニューを購入。
 Newシューズ
 もっと安いのないのかな?でも、シューズとジャケットだけは
自分の命を守ってくれるものと信じて、少々お高く感じても
品質優先。と思ってます。
 お薦めシューズがあればぜひ教えていただきたく、
ご連絡お待ちしています。




 さあ、足下も万全。
 週末に沖磯に出撃かな?

 

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

祝!復活!!! new閃烈グレ 

 既にご存知の方も多いと思いますが、

 おいどんが、以前愛用していた・一番使用頻度の
高かったヤイバ「閃烈グレ」ミドル。諸事情により廃版に
なっていたのですが、復活要望が多かったようで、
変更点もありますが、個人的にもとてもうれしいことに
復活いたしました。


   新・旧閃烈グレ
 以下、変更点です。
  鈎先:デルタポイント→ヤイバ
  チモト:バタフライヘッド→ヘッドロック
  カラー:ピンク・イブシ茶→イブシ茶
  軸:ライト・ミドル・ヘビー→ミドル
  号数:1~8(軸の太さによりますが)→4~7

 14本入りで定価350円となっています。


   新閃烈グレ
 パッケージも少々変更されています。
 先日の秋磯開幕釣行でも使用して、
釣果は厳しかったものの、仕掛けの馴染みや
入り具合は以前とあまり変わらない印象を受けました。


 ただ、スペック?を確認すると、
同じ4号で、
 旧:自重33.0㎎→新:38.0㎎
 旧:線径0.57㎜→0.60㎜
と、中軸使用ですが少々太く重くなっています。
個人的にこの仕様の変更をどれほど感じる方が
いらっしゃるのか想像できませんが、繊細な方は
データ的に知っておいていただいた方が
いいのかな?


 自分的には、同じ鈎形で軸の太さが変わる
「ライト」「ミドル」「ヘビー」仕様もよかったの
ですが、…・。



 また、この鈎をメインに使ってみようかと思います。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0