FC2ブログ

グレが恋しくて

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

カテゴリー「タックル」の記事一覧

GREX+ 南九州大会 タックル 

 牛深の釣り。

 もちろんグレがターゲットで5尾総重量で競われました。が、
取り敢えずイサキを求めて「ブラックベリタス」000を
チョイス。ハリスは1.7.ハリはヤイバ・プロフェッショナル
グレミドル6・7号。30m以上遠投し、先打ち後打ちと
マキエを多めに入れて、イサキを寄せるイメージ。
5投目ぐらいにイサキをゲットし、テンションアップ。しかし、
喜びはもちろん束の間で、潮が緩み始め、仕掛けが深く
入り過ぎたのか7投目ぐらいに瀬ズレでバラシ。
イサキではないかも?


 そうしているうちに、対戦者はグレを取り込みます。
イサキを狙って連チャンできる潮ではなさそうなのと、
グレも釣って入賞を狙おうと、タックルとポイントをチェンジ。

 ウキはフェイス00、ハリスは1.5。ハリは渋グレ6・5・4。
ウキをレヴォルM00・G8、バサラS00などに変えて
グレを釣りました。バリが多かったです。サメにも釣った数と
同じかそれ以上やられました。サメは勘弁です。



 ロングハリスで沈める、ウキ下ハリスで沈める・浮かせる、
半遊動で浮かせ気味・サスペンド。やっぱり状況に
合わせないと釣れませんでした。ムズイ。
   グレックス牛深タックル①
 ハリケースを後で確認すると、自分がどのハリを使ったか
分かります。PGMの6・7号、渋グレ5・6号がハリケースに
残っていません。ハリケースの中に入れるハリの本数を
決めておくと、使用本数が分かりますね。(自分は
おおざっぱですから、きっちり数えませんが)


 サシエは、ボイルに生に、市販加工餌・自作加工餌、
ムキミ、生のまぶしの6種。結局、アタリエサは不明。


 グレ7尾にイサキ1尾。でした。
その後、頂果も加わり、イサキ4・グレ10がクーラーに
収まりました。

   グレックス牛深頂いたウキ
 「鋒」。K氏がよく使われるイメージがあります。
サイフォン構造のパイプです。使う状況を決めて
使ってみたいと思います。
スポンサーサイト

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

ウキが好きやねん 

 16日(日)、沖磯でグレ釣りか、近場でピンク狙いか、
キスを釣るか…。



 いい天気で、風だけが気になっていたのに。



 釣りに行かずに、家にいた~。
(歳かねえ…)



 でも、やっぱり釣り具は触った。
   ウキ浮力チェック2①
 やっぱりウキが気になった~。


   ウキ浮力チェック2②
 久々に浮力チェック。
 前回は塩水から少しずつ薄くしていったが、
今回は逆でやってみた。  


   浮力チェック後のウキ
 で、見た目も悪いがマジックで浮力を書きまくり。
これで、○眼でもバッチリ~。




 ん~、それでも夕方にはやっぱり釣りに行けば
良かったと後悔してしまった…。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

16日 

 自分には関係ないと思い、釣りの予定を立てていた
16日(日)は、世間では父の日。


 15日(土)に、田植えに行くために平日同様の
時間に起きると、前日に連絡もなしにいきなり
帰宅していた息子からのサプライズ。
   父の日プレゼント



   父の日プレゼント’19②
 若きT名人の使用ウキかと思いつつ開けた紙袋から
出てきたのは…。
 Y名人が手掛けているウキがあったとは…。
結構タックルオタクな気がしていたのに、知らない物、
ことはあるものです。


 金欠のはずの息子からプレゼントをもらい、
ムズかゆいながらも、ちと元気になって田植えに
向かった父親でした。

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

水島タックル 

 9日(日)の釣りとタックル考。



 朝一は、結構な速さの下り潮。少し流すと瀬割りCの
馬ン倉へ。右沖の潮上・隠居方向に遠投したり、近投
したり、足下に入れたり。正面沖に遠投したり、潮下に
流したり…。それを、ノーガン・ウキ浮かせ気味の
全遊動・シモリ気味の全遊動、ガン玉アリのウカセ気味、
シモリ気味、ロングハリスなどなど。いろいろやりますが、
狙いのイサキと尾長は不発。グレらしいアタリやエサの
盗られも皆無。
 船着きはボチボチイサキが釣れているよう。焦るし、
ボッチ釣り座を選んだ自分を恨めしや。



 周りの様子を見ながら、休憩しつつ、仕掛けをいじります。



   使用ハリス・ウキ
 自分の腕(釣り方)ではなく、潮が緩くなったり、沖向きに
流れたり、上り潮になったりしたタイミングで、ボチボチと
グレやイサキが釣れました。潮のお蔭ですね。腕では
ありません。腕でどうにかしたい…。


 どうにかしたと思えるのは、際付近で今回のグレの
ほぼすべてを獲ったこと。昔とったきねづか?とやら
かなあ。どうにか瀬際や足下沈み際に入れ込めると、
たまにグレが釣れました。


   使用ガン玉
 G5・G3は、ヤマワのゴム張りガン玉を使っていますが、
アワセが強いとノーガンになることがあったので、今回
からやや硬めを使い始めました。いい感じです。


   ウキ用鉛
 ハリスにガン玉を打って仕掛けを差し込む釣りもしますが、
ノーガンでウキを含めて仕掛け全体を入れ込む釣りもします。
 不思議なことに、どちらかに釣果が偏ることがあります。
不思議と言うけれど、理由は…分かりますね。
 今回は、イサキもグレも差し込む釣りの方が良かった
かな?
 ウキの浮力(=沈下速度)を、ウキを替えずに変えたい
ときには、貼るナマリが重宝しますね。
(以前は、ウキの傾きが変わる気がして、抵抗が増える
気がして、アタリの出方が変わる気がして使わなかった
のですが、最近は気にしなくていいと思っています。)



     チヌ針ーイサキ用
 イサキに狙いを絞るときの、お気に入りはこの
チヌ針です。号数は4号がいいみたい。別なチヌ針も
使ってみましたが、しっくりこなくて今回で切れた
このハリをこれからあちこちの釣具店で探します。



 さて、時化る今週末はどこに何を釣りに行こうかな?

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0   

そろそろ 

 そろそろ梅雨グレしーずん?


 グレ釣りを始めて、あまり「梅雨グレ」なるものを
意識して釣ったことがないのは、南国鹿児島に住んで
いるせい?7月ごろまでは今でもグレ釣りに行くのに。



 近年は、

 春にピンクにそわそわして出撃し、シルバーラッシュを
羨ましがられる。

 春先から秋ごろまでは、釣ってムズイ・食べておいしい
アジも狙う。

 夏は昼に日焼けと歳を顧みず、体力使ってキス狙い。
夜は、ビールと赤イカの引きに酔い酔い…。



 涼しい夏の「アユ釣り」もとてもとてもしたいけれど、
先立つものと時間が…。





 さて、その釣りモノを釣るためのタックルはいくらでも
欲しくなるものの、やっぱりいつでも真っ先に欲しくなる
ものは、グレ釣りタックル。

   愛用ライン②
 東レ「ブラックマスター」は外せない。スーパーL
ハードとEXも。


   ハリ補充
 大好きだった「閃烈グレ」は、廃版らしいが…。こうご期待?
渋グレも釣闘競技もお世話になってます。


   ’19・1・4使用ウキ
 もうすっかりピンクヘッドオンリー。「ブラックベリタス
遠投チヌ」「フェイス」に「レヴォル」で、どうにかしたい
もんです。


 あとしばらくは、グレとイサキと真鯛を狙って磯や
堤防に通いそうですが、そろそろ別のタックルが
気になりだしそう???

カテゴリ: タックル

[edit]

TB: --    CM: 0