FC2ブログ

グレが恋しくて

02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

カテゴリー「魚料理」の記事一覧

釣ったグレ(魚)の持ち帰り方 

 釣り師の皆さんは、釣った魚をどのように
して持ち帰り、食しているのだろうか?


 自分は、釣った魚(主にメジナ=グレ=クロ)を
美味しくいただくまでが釣りの楽しみだと思っている
人間ですので、釣りに行くまで・掛けるまで・
取り込むまで・美味しくいただくまでの大まか?4段階を
どれも楽しもうとするある意味欲張りな?釣り師の
はしくれです。


 釣るまでが楽しみな釣師の方も結構いらっしゃいますし、
釣りに行くだけで、とか釣り方や魚種まで問いだすと、
千差万別いろんな考え方があると思いますが…。



 これからの内容は、「あくまで現在の自分の個人的な
考えと方法」ですので、ご理解ください。
ネットでは、いろいろな方々の様々な持ち帰り方が
紹介されていますので、どの方法が良いのかは、
ご自分で実際に試してみてご確認ください。
 以下、「釣り師の魚の持ち帰り方」の最近の
おいどんバージョンです。


 ① 釣れた魚はキーパーバッカンへ。スカリは、
  乗礁した磯や堤防の状況次第?波が荒いと
  魚体にストレスがかかって味が落ちる?
  釣座に近い場合は、その後の釣果に影響する
  かもしれないので、スカリは使わない。スカリは
  できれば浮かせるよりも沈め気味がいい。
 ② 魚を絞めるのは、夏場は早め。グレ以外は、
  弱るのが早い魚が多いので、様子を見ながら。
  自分は様子を見るのも面倒になるので、早めに
  絞めるか、遅めになるかのどちらかで、ここで
  失敗することも多いです。
 ③ 締め方?は、締め→血抜き→神経締め。
  血抜きが一番大事で、エラを切り、背骨の下の
  血管も切る。その後、海水に浸けながら魚が
  大きければ尾の付け根も切る。尾を持って血が
  抜けなくなるまで海水中で魚頭を振ったり、
  折り曲げたりして血抜き。

 血抜きがが一番大事で、魚の見た目と味を
左右する気がします。

 締めと神経締めの方法はいろいろあって、
多く紹介されていますが、自分は、神経締めも
頭側から行っています。

 この、「神経締め」は、死後硬直を遅らせるために
しているらしく、魚のプリプリ・コリコリの食感は
長続きする実感がありますが、食味には関係
しない(美味しくなるわけではない)気がします。

 ④ 絞めて、神経締めした魚を「冷え冷えの
  潮氷」に浸ける。自分は、ペットボトル氷に
  海水を入れたものに、魚を浸けています。
 ⑤ 魚を、15~20分前後で氷水から上げて、
  氷水を抜き、氷だけのクーラーに魚を入れて
  持ち帰る。

 冷やし過ぎると魚体が固まりますが、30分
以内に水を抜いて『冷蔵庫状態』にして
持ち帰ると、魚はくねくね状態です。

 まだ足りなかったり間違っていたりする点が
あるかもしれませんが、現在の自分の
持ち帰り方でした。


 10尾以上釣ってしまうと、以上の作業の
どこかが雑になりがちですが、せっかく「命」を
いただいているのですから、できるだけ丁寧に
作業して、美味しくいただくことを心掛けたいと
思っています。
スポンサーサイト

カテゴリ: 魚料理

[edit]

TB: --    CM: 0   

ちょっと楽しみ 

 何が楽しみかって???


 (時折、ブログタイトルをどうしたら多くの人に見て
いただけるのかを気にしていたこともあるのですが、
たいていは、思ったままのタイトルですね…。
大して、気にしてないってことですな。気にしていたら
続けることすらできなそうです。)




 楽しみと書きましたが、その前に悲しかったのが、
本年3回目の「赤イカ釣り」が台風のために行けずに
いることです。幹糸やハリスの号数・長さを替え、
スッテを買いそろえ、今度こそと意気込んでいたのに
台風めが~。悲しいというより悶々とか、イライラと
いった方が正しいかな?


 で、その釣った赤イカを少しでも美味しく長く
いただくために、ついに購入して楽しみにしていたのが
「真空パック器」でございました。
     真空パックん
 すっかりデビューの時を見失い、嫁様には「それ、
どこに直すの?」「持ち腐れ」と言われること数日。
くそ~、使ってやると、少々勿体ない使い方をして
しまったのが、



     真空パック第1号
 過日釣ったマダイとコロダイの身とアラの冷凍保存で
ございました。


 今度は、「いつ使えばいいのか分からない」と嫁様に
文○を言われていますが、気にしない。嫁様に使われ
ないうちに自分で、まず「刺身」を試してみよう。
無謀かな?「熟成」にはならんかな?「当たったら」
ご報告いたします。

カテゴリ: 魚料理

[edit]

TB: --    CM: 0   

沖漬けのタレ 

 昨夏からハマった赤イカ釣り。夏の夕暮れを楽しみつつ、
夕方から少し早めのダイヤメをするのが楽しい。
仕掛けやスッテ、誘いを工夫して同船者と競うのも楽しい。


 そして、もう一つの楽しみはなんといってもその獲物を
美味しくいただくこと。刺身に焼きに漬け丼に漬け茶漬け。
焼いたり煮たりいろんな料理に変身する。そのうえ、
柔らかい。結構な数を釣るのに、実家に友人にお裾分け
すると冷凍庫の中身があっという間に減っていく…。
美味いから当然ですな。



 沖漬けのタレをお師匠さんや知人に聞いたり、ネットで
調べたりして自作しているのですが、イマイチです。
 1回作って約2回分。タレがなくなったので次回用に
また材料を買ってきました。
     沖漬けタレ材料②
 これは、前回分。鷹の爪は毎回入れますな。
酒:醬油:みりん=1:1:1で作ってみました。
他に隠し味を2つほど入れました。


     沖漬けタレ材料①
 今回は材料を買ったお店が違ったので、酒と
醬油とみりんの製造元が違います。なんか
変わるのでしょうか?料理酒は安くてもいいから
清酒を ということを後で知ったので、次回は
清酒を使ってみます。隠し味的に今回は3つの
○○を入れています。それぞれの分量や比率も
関係するでしょうから、これからも試行錯誤ですね。
今回は、比率も少し変えてみました。


 早く、「秘伝のタレ」ができるといいな。

カテゴリ: 魚料理

[edit]

TB: --    CM: 0   

料理もどうにかしたい 

 釣行のたびに2ケタ釣りを目指しているのですが、
今シーズン、今年となかなかその目標をクリアできて
いません。課題や反省が次に生かされ、解決できて
いないということですね。

 どうにかせないかんでゴワす。



 先日釣ったたった4尾のグレ。またまた、
「いつもの」料理をしてしまいました。
     我が家の定番
 定番は、「やっぎい」(=焼き切り)ですね。
自家製大根でツマを用意し、I氏自家製
レモンを添えると一段と上品になります。
 アラで出汁を取って作るお茶漬けも我が家の
定番。漬けが多いですが、生のままでもイケます。
大葉を刻んで入れるのが定番ですが、他の物を
添えてもいろいろ楽しめます。
 冬の時期はしゃぶしゃぶや○○鍋に入れるのも
いつもの料理。

 ん~、釣りだけでなく、料理もマンネリ化して進歩
していない気がします。

     おつまみ
 この「皮なます」も、以前紹介している定番で、
代り映えしません。



 洋風も数度挑戦するのですが、調味料を含めて
準備も料理もだりぃと思ってしまうのです。


 どなたか、手早く作れるグレ料理、お教えして
いただけないですかねえ。

 

カテゴリ: 魚料理

[edit]

TB: --    CM: 2   

美味し! 

 大好きな夏、大好きな8月が終わりそうです。
 何だか小学生が夏休みにやり残したことがあるのと
似た感覚で、なんだかまだ夏を満喫したい自分がいます。




 帰り着いたら、いつものように庭の芝生と畑の種に水をやり、
帰り道に思い立った「お一人七輪バーベキュー」を
やってしまった!!!



     アラカブ塩焼き
 こちらは沖ふ頭でゲットしていたアラカブの塩焼き。
息子が晩飯に食いたがりました。


     イカ天日干し焼き
 こちらは前々回に釣った赤イカの天日干しを
焼いたもの。足りん!!!この後も、ゲソ焼きを
食いまくってしまった。実に、美味し。


     鮎塩焼き
 おっと、こちらは今晩の物ではなくて、先日○○○さんで
いただいたアユの塩焼きですね。これまた、絶品で
ございました。



 い、いかん。プリン体が…、痛風になりそうなものばかりを
食うとります?

カテゴリ: 魚料理

[edit]

TB: --    CM: 0