FC2ブログ

グレが恋しくて

02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

カテゴリー「釣り」の記事一覧

3月になってしもうた 

 釣りはボチボチと行けているのですが、
何だかんだ釣りに気合いが入りません。
あかんですね。



 さあ、ボチボチな釣果です。
     久志・クジラ・3・2
 45オーバーの見事なイサキ。潮が流れず、
食いの渋い中、よう釣りました。やられました。


   久志
 自分の釣ったイサキがちっさく見えます。


   3・9きょらむん
 そこらたいでは、ピンクは釣りきらず、銀鱗さんに
お相手してもらってます。


     石播・3・9
 自分が釣らなくても、この男は釣ります。
ドボン師匠です。


 つぎこそ爆釣。
スポンサーサイト

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

そろそろ 

 比較的簡単にグレが釣れるときに、型を狙ってみたり
仕掛けを変えて多くの仕掛けの良さを知ったり???
するのも、修行?
     1・19釣果②


 はたまた、1尾を釣るのが難しい、アタリが遠いときに
価値ある1尾や2尾を狙うのも修行?
     谷山そこらたいの釣果2・11




 さて、今週末はどこに何狙いでいくべきか?
どこも数釣りは厳しくなってきたけれど、釣れると
白子や真子も食べられるグレか、はたまた、
あちこちで釣れだした竿引き当たりのピンクさん狙い?



 どこに行くか悩んで、結局釣行直前に狙いの
魚種と行く先が決まります。

 はて、どうしましょ???

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

久々に水島詣で 

 16日(土)、南薩一帯は時化が予想されることもあり、
お一人様で「水島」に行ってきました。調子が上がらないと
聞いていましたが、覚悟の上。厳しいときの価値ある
魚を求めて。


   水島三瀬
 三瀬の当番でしたが、厳しいことをご存知の釣り客
さんは大島回りを希望され、半数弱が水島に
乗礁しました。
 下り潮が流れて、あわよくばイサキをと思って
いましたが、前日から上り潮の激流とのこと。


 くじ運も良く、最高の釣座だったのですが、
やっぱり返り討ち状態。厳し~。
   三瀬のグレ


 課題も発見もあった釣行で、疲れましたが
やっぱり楽しかった。次は、いつ行こうかな?

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

マキエが余ったら 

 10日(日)の銀糸会定例会。食いがメチャ渋だったので、
いつもはどかすか撒くマキエをセーブしました。ということは
マキエが余るんですね。で、マキエが余ると金欠けちけち
おいどんは、冷凍庫に保存。するんですが、11日は
祝日で休みじゃん。


 ということで、冷凍庫に入れずに外でほたっていた
マキエにパン粉を加えて、そこらたいに出撃。

 ところが、のんびり昼前に出撃するから目指す場所には
当然先行者…。どうにか釣座を確保し、昼前からピンクな
お姉さんを狙って釣り開始。しばらくして先行者の方々が
次々と納竿。どこも何にも釣れてませんもんね。

 で、残ったのは「残りマキエで獲物を狙って楽しむ」
おいどん。今日も残りを撒いただけかと
あきらめかけたとき、「女神」はやってきた。
   谷山そこらたいの釣果2・11
 お綺麗な50センチほどのレデーでした。



 おまけに、マキエがなくなりバッカンを洗い始めた
ときに、指をはじいて糸が出ていくアタリ。

   谷山そこらたいの釣果2・11②


 残りマキエで半日楽しんで、レデーも久々にゲットして
「残りマキエ」活用バッチし。

 そこらたいで、グレ用マキエで真鯛の釣れる鹿児島
サイコー。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

北埠頭② 

 型はそこそこ(北埠頭では45センチ当たり前?)、
しかし数がイマイチで、どうにも釣りの○○が収まらず。



     3日の釣り座
 分かる人には分かってしまう場所に釣座を構えました。
もちろん、昨日の残りマキエにパン粉を追加した省費
マキエです。


 当日の朝、渡船場に着くと知り合いだらけ。
○目の常連さん方や釣友ダブルY氏ご一行様。
その他にも…。



 雨なのに、皆さん、好きねえ。って、あたいも
好きじゃっどん。


     垂野やりました
 と、おいどんのかなり近くに上がってくる輩がいるから
誰かと思いきや、銀糸会のT氏でした。そして、
必殺PEドボン釣法で早速釣りました。やるの~。




 で、自分は取り敢えずボーズは免れたものの、
バラシ連発で、どうにもこうにも。昨日のリベンジに
来たつもりが返り討ちに会い、ますますストレスが
溜まってしまう釣行となりました。

 しっかし、ここのデカグレには手を焼きます。ちょっと
油断してのんびりやり取りすると穴に潜られ、強引に
やり取りするとハリが外れ…。
 同日の別堤防に乗った方々の中には、数釣りされた
方もおられましたし、50アップを釣られた方も
いらっしゃいましたよ。


 これはまた、腹パン乗っ込みが終わるまでに
またリベンジじゃ。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0