FC2ブログ

グレが恋しくて

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

カテゴリー「釣り」の記事一覧

ドボン 

 「釣り好き」。
 「釣りをします」
 「釣りが大好き」

 にも、それぞれいろんなレベルがある気が
します。ここでいうレベルは技術・上手下手の
ことではありません。

 自分的には「沖磯にグレ釣りに行く」と、
釣りに行った気分になります。毎週行かないと
一月行ってない気になります。ほとんど
病気レベルと大抵の方は言いますが、
「アタイも(自分も)」と思われる方も
多分?いやきっといるはず…???
 おまけにストレス発散も兼ねて釣りに
行くのに、釣れないとストレス溜まるから
困ったもんです…。



 さて、18日(日)は昼過ぎから近場へピンク狙い。
いや、ほんとは沖磯がもちろんいいのですが、
いろんなものがなくてですね…。


     ’18・11・18きょらむん

 それでも、釣れるとうれしいし、グレ釣りに
フィードバックできる「ドボン釣法」が少しずつ
上達するのであります。おまけに、釣れると
晩飯・晩酌のアテもできますからね。
 自分の「ドボン釣法」には、先生もいるし。

 「ドボン釣法」が、自分の釣りの幅を広げて
くれてます。


 はて、「ドボン釣法」って?

 

スポンサーサイト

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

メタボグレ 

 17日(土)、沖磯ではなく堤防にグレ釣りに。


 堤防と言っても、スーパーが付きますが。
鹿児島本港です。天竜丸さんにお世話に
なりました。

     11・172番赤中


 

 入れ食いになるとも思っていませんでしたが、
グレさんも外道として期待したピンクさんも
なかなかのご機嫌斜めさんでした。

     11・17一番目
 ヌーチーさんは数尾遊びに来てくれました。

     11・172番目
 この日のグレは最少の1尾のみ。まあサイズが
良かったから良しとしなくちゃいかん?

 らしいアタリは数回あったんですが…。
当ったら全部獲りたい…。






 ここのメタボグレ、めちゃウマです。いつも。
脂はまだ少ししかのってませんでしたが、
メタボで少し甘味がありました。久々に今の時季に
美味しいグレの刺身を頂きましたとさ。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

貧果ですが 

 昨年の10月はどこに行っているかと、自分の
当てにならない記憶ではなく、ブログ(記録)を
当てにして確認してみると、



 もう既に結構釣っていて、10月沖磯3回・
グレ30㎝以上22尾以上。
 今年は、沖磯3回・グレ30㎝以上11尾。


 今年は甑も含まれているのに、昨年の半分以下の
釣果。

(下書き保存したつもりが、普通に保存して公開
してしまった。スミマセン。続きを…)


 情けない限りです。



 で、28日(日)は、ここに行ってました。
     10・28・久志・?①
 瀬名は?同じ磯の右側には乗ったことがありますが、
今回は海を向いて左側に乗り、バッカンは中央に
置いてあります。



 この日は、はるか南の台風のウネリが押し寄せ、
だいぶ上まで波が這い上がってきて、しばらくは
ウネリの波長やタイミング、這い上がる場所を
観察したうえで釣座を決めました。始めは、
釣りをしないでおこうかと思うくらい。風も右から
左からコロコロ変わり、しかも結構な強さ。
 また、ウネリの方向も左右に少しぶれるので、
サラシの大小や方向も常に変化します。
 バッカンのある場所は、潮が下げに入って
少しはましになったときで、乗礁時はまだ一段
後ろの釣座でした。


 この写真を見ると、ウネリで波が這い上がる
のがお分かりいただけるかな?
     10・28・久志・?③



 G8負荷のウキを固定し、ナマリはG5、ハリは
5号太軸でスタート。

 しばらくして、コナガやイスズミが登場。
気配を感じて集中しますが、エサは盗られる
もののアタリが取れない時間が続きました。

 ハリを細軸に替えて1尾目。アタリが遠のき、
ウキを00・全遊動に変更。沖目でデカいのを
掛けましたが、シモリの沖側で当然のごとく
根に入られてジ・エンド。グレらしかったのにと
悔しさ倍増。




 その後、ハリを4号にしたり、種類を替えたり
しながら、潮流れの方向とスピードも変わり、
風の方向も変わり、…。
 釣友は、ウキを5回?重たくしてタナを取ったり、
軽めで全遊したり、ウキを浮かせたり、…。
とにかく、「答え」を探します。なのに、自分は、
と、やっぱり「幅が狭い」釣りをしてしまいました。
 進歩がないですね。

 最大は49センチが出ましたが、30センチ以上は
5尾。



 貧果ですが、苦手な時化気味な海況で
釣れたこと。マキエが上手く遠投仕様に仕上げ
られたこと。自作ツケエ3種がアタリエサになった
こと。などは、収穫でした。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

内緒 

 実は、20日(土)に釣りに行ってました。
えっ、分かってましたか?



 で、どこに行ったかというと、
     10・20・甑・ミノカケ2番
 前回と同じく、常連さんのような、分かる人には
分かるでしょうね。



 で、結果はまあ、長い釣り人生の中でも3本指に入る
「バラシ劇場」。すべてがグレだったとは思いませんが、
あまりにもお粗末でございました。本命さんは、2尾のみ。

 確かに、釣りやすい「いい」潮が流れなかった
ことも事実ですが、せっかくのアタリを取り込みにまで
至らない自分の未熟さに呆然・唖然とするばかり
でございました。



 連れは、クロ(グレ)だけでなくピンクにアカも
釣りました。流石です。トーナメント形式でも
0対3の惨敗・零封でした。トホホ。



 凹むばかりの釣りだったのですが、いくつか収穫も
ありました。「自作のツケエ2種」がこの日の当り
エサだったことです。取り込んだときのみでなく、
アタリはかなりの確率で拾えました。あとは、
自分の仕掛け選択や流し方、その他の工夫ですな。

 おっと、その後の取り込みが一番の課題ですね。


 自作エサの作り方は、…。
ボチボチ紹介しましょうかね?限定?

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

秋磯開幕~ 

 14日(日)、秋目・海周丸さんにお世話になりました。
 ついに?個人的に秋磯開幕です。やっぱり沖磯は
テンション上がります。



 久々の海周丸さんは、常連の上物師もおられましたが、
底物師の方が多かったです。常連さん方にご希望の瀬に
上がっていただき?、自分が上礁したのはここでした。
     10・14・秋目・ブダイ平瀬


 ライン1.7、ハリス1.5、グレックス・レヴォルLG6
(半遊→全遊)→00→M00、ヤイバ閃烈ミドル5→4
→渋グレ4ってな感じで一日を釣りました。
     レヴォルG6~00
 グレックス⁺のウキ。ピンクヘッドも浮力精度が
高くて細かいのがお気に入りです。



 朝一から際付近は、赤・黄・青のデカいブダイが
うろちょろし、黄・黒縞々名物様(オヤビッチャ=
スズメダイ)もわんさかといった状況。

 しばらく際から近投をメインにタナを取って
釣りましたが、気配も感じずいつもの全遊導に
戻しました。朝一の上げ流れから9時前から流れが
緩みだし、下げ流れになりますが、速さも方向も
一定せず、ガン玉も重量オーバーしながら、
11時過ぎにようやくの1尾目。
     H30・10・14・1尾目
 かんなりこまいけど、もんのすごくうれしかったです。



 しばらくたってからの2尾目は、ちょっとサイズアップ。
     H30・10・14・2尾目
 ヤイバのキーパー、メジャー付きなのでサイズが
だいたい分かっていいですね。



 魚さんのご機嫌に合わせて潮に仕掛けを
入れきれず、貧果に終わりました。
     H30・10・14・釣果


 30~40を5尾。トホホですが、今の時季に
しては、上出来なのか?




 

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0