FC2ブログ

グレが恋しくて

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

カテゴリー「釣り」の記事一覧

定例会の釣り 

 13日(日)、所属する鹿児島銀糸会の第3回
定例会。秋目・幸丸にお世話になりました。



 文章多めで長くなるので、めんどい方はパスして
ください。



 乗礁は、お初の「水之浦」。
     水之浦
 沖秋目島を臨む、地磯よりのハナレ瀬で、冬場の北西風には
もってこい?シーズン中はとても良さげに思えました。


 今回使用のウキ・ハリス・ハリは、これでした。
     1・13定例会タックル
 グレックス+のウキに、東レのハリス。
 ハリがよう分からんですな。
     渋いときは
 ヤイバ「渋グレ」。


 ハリスは、ずっとスーパーLハードの1.7。
落とせば食うかもと思える時も、辛抱。
「2尾長寸」のために。

 ① ウキ
   レヴォルL00→G8→フェイス00→000→G8。
 ② ハリス
   10m→9m→8m→7m→4m→8m
 ③ ハリ
   閃烈グレミドル5→4→渋グレ5→4
 ④ ガン玉
   G8なし→1個→なし→1個
 
 ちなみに釣れた魚は、ヘダイ。ヘダイ。グレ。
グレ。ヘダイ。の計5尾。一日通して、これだけ。
厳しくて悲しかったです。

 釣り始めは、船附左側から。 
 手前にしっかりマキエを打ち、25mほど投げて
早めにロングハリスで沈めると、アタリがないのに
エサを盗る状況。正体を確かめるべく、ウキ下を
短くしたり、ハリを替えたり、仕掛けを張ったり。
ウキ止めを付けたり、2段ウキを試したりすれば
よかったかな?
 しばらくして、エサを盗らなくなったので、また
「ドボン」。潮流れがないので、場所移動。
裏の水道。釣れたのは底付近の「張り」でヘダイ。
 また釣座を移動して、西向きで。遠投、近目と
試すも、反応なし。少し南向きに遠投して探ると、
2本以上で糸が走るもバラシ。続けて釣ると、
次に掛けて取り込んだのは、ヘダイ。浅く釣ろうと
あちこち投入点とウキをを替えて探り、やっとの1尾目。
その後、同じことをするがまた気配が消えてエサが残る。

 潮が当ててきたので、元の船附付近に移動。
遠投気味に探るも、こちらの潮は左沖から手前に
当てるもたれ潮。あちこち投入点を替えて探るも、
当て潮がきつい。場所移動を考えながら、仕掛けを
いじっていると、当て潮が緩む。遠投して探ると、
エサを取り出して気配を感じる。ハリスをウキ下
のみに変えるが、アタリが出ない。ウキの浮力を
上げてウキを浮かせた全遊動にする。これで、
数投目でウキがしもって2尾目。
 追加を目指した納竿前、同じようにウキが
しもって食ったのが3尾目のヘダイ。
 以上で納竿。


 結果、本日釣れた仕掛けは「ウキを浮かせた
全遊動」。有り難いグレ2尾で、2位入賞できました。
効率はいいけど、もっと細ハリスで攻めれば
よかったかなあ?
スポンサーサイト

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

秋目釣行振り返り(銀糸会限定) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: --    

あと1尾 

 久々に連チャン釣行。
 って、チョイ釣りも入れると4連チャン?元旦から…。


 昨年末に行きたかったけれど、なかなか行けて
いなかった秋目。海周丸さんにお世話になりました。

     秋目・一つ瀬釣座
 乗礁したのは、初めての瀬でした。ウスバが多く、
どなたも希望者がいないということで、結構大きめの
釣座が3か所ほどある瀬でした。


     一つ瀬先端
 朝一はこの港向きの先端から上げ?の潮が右沖に
出ていたので、イサキ・真鯛を狙って流して釣りました。
1回アタりましたが、ハリはずれ。イサキだったかも~。
しばらくすると潮が緩んだので、沖向き→地向きと
あちこちうろちょろ。どこもピンと来なくて困りました。
 釣れないままに時間が過ぎ、10時過ぎごろ下げ潮が
左に流れ始めたので、ウスバが湧かないことを
祈りながら、30mほど遠投して流してあわよくば
イサキ狙いの釣りで、グレ2尾。
 しかし、やっぱりウスバが湧きだして、1尾掛けた
ものの切られ。その後は足下周辺に狙いを変更しました。
足下はエサ取りが多いので、ウスバ用とエサ取り用と
本命用と1投毎に3か所にマキエをして釣りました。


     秋目・一つ瀬釣果
 あと1尾。計9尾にとどまりました。まだ、掛けるべき
でした。12、3尾はイケたはず…。


     46・45・44
 良かったのは、良型ぞろいだったこと。45前後が3尾。
7尾が40オーバーでした。しかし、まだまだ腹ぺちゃな
個体が多かったです。


 秋目。2ケタ釣っておられる方もいらっしゃいました。
少しずつ上向いているようです。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

’19初磯釣り 

 3日、銀糸会O氏にお誘いいただいて、1年ぶりに
南薩・野間池に釣行。通い慣れていたはずの道中。
港。磯。久々だと、新鮮でいいですねえ。
     ’19初磯日の出


 足場のいい所、というO氏の希望が叶い、狙いの
磯の中の一つに上がれました。

 と、O氏が取り出した集魚材は初見。使ってみたい!!!。
     逆輸入集魚材?



     O氏初釣り
 O氏は、本命釣座?に入り釣り開始。釣ってもらわ
ないと、。


     初磯釣座・ボラ松のハナレ
 自分はシズミの出口。沖向きに釣座を構えました。


     O氏1尾目
 O氏はいきなり釣りました。おいどんもと思いますが、
なかなかにムズイ。


     今年初グレ
 だいぶ経ってから、自分にも1尾目が来てくれ
ました。



     1・3ボラ松ハナレ釣果
 途中、渋いアタリがますます渋くなり、
かと思うと、エサ取りは活発で…。
 カツオが来てくれたのが良かったです。

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

雨の中 

 年末、いつを釣り納めにしようか、
いつが釣り納めになるか という釣り師、
多いでしょうね。渡船屋さんや釣具店様も
荒天は勘弁ですね。



 さて、本年中にあと2回は釣りに行きたくて、
いつ、どこに、風は?、雨は?と思案した結果、
北埠頭・天竜丸さんにお世話になりました。


     雨の北埠頭2番
 雨が朝から降り、風も結構あって寒い、寒い。
朝は潮が速く、ほとんど釣りになりませんでした。
 それでも、少し潮が緩むとアタリが出始め、
バラシが…。チモト付近でブチ切るのは何者だ?


     H30・12・26釣果
 結果、4尾のみの貧果でございました。
50オーバー交じりで2ケタ釣ってみたいですね。


     H30・12・26釣果最大
 最大は、45を超えていましたが、長さよりも
体高がエグい。ウシグレみたいな体型。
(真上から撮るとまだ、分かったんですが、
相変わらず、写真もセンスなし。)
「美味かった」です!!!

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0