FC2ブログ

グレが恋しくて

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

最近の記事

KGT第2回予選会 

 自分は所用で出場できなかったのですが、定例会の翌日は
KGT(鹿児島グレトーナメント)の第2回予選会が、桜島で
天竜丸さんにお世話になって行われていました。


 以下、画像拝借いたしました。

     2_s.jpg
 出たかったなあ。役員の方々はもちろん、
出場された方々、お疲れさまでした。    


     1_s.jpg
 決勝進出4名の方々おめでとうございます。
しかも、うちのH顧問もおりますです。


     3_s2.jpg
 今年から、メーカー協賛もいただいております。


     4_s2.jpg
 ええですねえ。



 自分の腕試し・刺激を受けて、知り合いが増えて、
上達への一歩が踏み出せます。
 参加クラブに入ったり、クラブで参加したりして、
釣り仲間を増やしたり、腕を上げたりしませんか?


 詳しくは、KGTHPKGT
をご覧ください。事務局へ連絡いただいてもかまいませんし、
本ブログにコメントいただいても、連絡取りたいと思います。
一番嬉しいのは、わが「鹿児島銀糸会」に入って、参加することですね。
スポンサーサイト

カテゴリ: KGT

[edit]

TB: --    CM: 0   

定例会の釣り 

 13日(日)、所属する鹿児島銀糸会の第3回
定例会。秋目・幸丸にお世話になりました。



 文章多めで長くなるので、めんどい方はパスして
ください。



 乗礁は、お初の「水之浦」。
     水之浦
 沖秋目島を臨む、地磯よりのハナレ瀬で、冬場の北西風には
もってこい?シーズン中はとても良さげに思えました。


 今回使用のウキ・ハリス・ハリは、これでした。
     1・13定例会タックル
 グレックス+のウキに、東レのハリス。
 ハリがよう分からんですな。
     渋いときは
 ヤイバ「渋グレ」。


 ハリスは、ずっとスーパーLハードの1.7。
落とせば食うかもと思える時も、辛抱。
「2尾長寸」のために。

 ① ウキ
   レヴォルL00→G8→フェイス00→000→G8。
 ② ハリス
   10m→9m→8m→7m→4m→8m
 ③ ハリ
   閃烈グレミドル5→4→渋グレ5→4
 ④ ガン玉
   G8なし→1個→なし→1個
 
 ちなみに釣れた魚は、ヘダイ。ヘダイ。グレ。
グレ。ヘダイ。の計5尾。一日通して、これだけ。
厳しくて悲しかったです。

 釣り始めは、船附左側から。 
 手前にしっかりマキエを打ち、25mほど投げて
早めにロングハリスで沈めると、アタリがないのに
エサを盗る状況。正体を確かめるべく、ウキ下を
短くしたり、ハリを替えたり、仕掛けを張ったり。
ウキ止めを付けたり、2段ウキを試したりすれば
よかったかな?
 しばらくして、エサを盗らなくなったので、また
「ドボン」。潮流れがないので、場所移動。
裏の水道。釣れたのは底付近の「張り」でヘダイ。
 また釣座を移動して、西向きで。遠投、近目と
試すも、反応なし。少し南向きに遠投して探ると、
2本以上で糸が走るもバラシ。続けて釣ると、
次に掛けて取り込んだのは、ヘダイ。浅く釣ろうと
あちこち投入点とウキをを替えて探り、やっとの1尾目。
その後、同じことをするがまた気配が消えてエサが残る。

 潮が当ててきたので、元の船附付近に移動。
遠投気味に探るも、こちらの潮は左沖から手前に
当てるもたれ潮。あちこち投入点を替えて探るも、
当て潮がきつい。場所移動を考えながら、仕掛けを
いじっていると、当て潮が緩む。遠投して探ると、
エサを取り出して気配を感じる。ハリスをウキ下
のみに変えるが、アタリが出ない。ウキの浮力を
上げてウキを浮かせた全遊動にする。これで、
数投目でウキがしもって2尾目。
 追加を目指した納竿前、同じようにウキが
しもって食ったのが3尾目のヘダイ。
 以上で納竿。


 結果、本日釣れた仕掛けは「ウキを浮かせた
全遊動」。有り難いグレ2尾で、2位入賞できました。
効率はいいけど、もっと細ハリスで攻めれば
よかったかなあ?

カテゴリ: 釣り

[edit]

TB: --    CM: 0   

平成30年度銀糸会定例会成績途中経過 2 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

カテゴリ: 銀糸会

[edit]

TB: --    CM: --    

鹿児島銀糸会第3回定例会 

 新年会の翌日13日(日)は、秋目・幸丸さんにお世話になって
第3回の定例会です。15名の参加で行いました。
     開会式
 がんじん荘さんで、開会式。


     乗り込み①
 協力して荷物を積み込みます。


     乗り込み②
 皆さん、それぞれ気合いが入っているよう。
釣れるといいけどな。


     M氏1枚目
 自分が同礁したのは、かなり久しぶりのM氏。
狙い通りの1尾目。


     水之浦
 乗礁したのは、「水之浦」という瀬らしいです。
初乗礁で嬉しかったのですが、お魚さんのご機嫌は
よろしくなかったです。


     T氏
 T氏はやっぱり良型捕獲。



 し、しか~し、やっぱりくじ運も腕も持ってる
漢に優勝をかっさらわれた。
     T氏コメント
 閉会式でのコメントです。


     S会長締め
 最後は、S会長の締めのお言葉。



 風も強く、潮も思ったような流れではなかったところが
多かったみたいで、苦戦した会員が多かったようです。    

カテゴリ: 銀糸会

[edit]

TB: --    CM: 0   

新年会 

 毎年恒例の鹿児島銀糸会の新年会が、秋目
がんじん荘にて行われました。

 あれやこれやもたもたして自分は遅刻して参加。
     新年会①
 お泊り参加は11名。福岡から参加の3名も。
凄く元気なお三方。夢中になれる趣味があるって
いいですねえ。
 結構な平均年齢のクラブですが、其々得意な釣法が
あり、腕達者がそろっています。

     新年会⑤
 時間が経つにつれて、釣り談義や○○談義が
あちこちで。


     新年会②
 ただいまトップ独走のT会員は、鼻息荒く
「今回で決める」宣言。これは、飲ませねば。


     新年会③
 明日の大会は、途中までしか釣りができないのに、
このクラブとこのメンバーでの飲みが好きな「番長」こと
M氏は、今回も舌好調。


     新年会④
 M番長の締めで、一応のお開きになりました。



 翌日の大会や結果は、次回へ。

カテゴリ: 銀糸会

[edit]

TB: --    CM: 0